« 樺太生まれ | トップページ | 意外と古くない »

2006年10月24日 (火)

卵子提供

諏訪クリニックでお祖母さんのお腹から娘の子供を出産したニュースがありました。

意外なほど反対運動は強くないように思えました。

不妊の悩みは多いようだし、少子化の問題もあるしね。

それでも、娘の代わりに母親が出産するのは驚きだし、違和感を持つという投書もありました。

僕は全く不勉強だったのですが、少し前に聞いて驚いたことがあります。

人工授精や体外受精は意味がわかります。

代理母もありかなあと思います。

夫以外の精子で子供をつくる人も居るでしょう。

ところがカリフォルニアでは卵子も他人のもので妊娠するのが行われているというのです。

妻のお腹は育むだけ。

DNAは引き継いでいない訳です。

これで自分の子供と言えるのでしょうか?

それでいいのか僕には分かりません。

投書の人も代理母くらいでビックリしている場合じゃないですね。

母親だから変だと言うなら、見ず知らずの他人のお腹はもっと変だと思わなきゃ。

実際のところ隠れて養子を実子としてしまう人もいるらしいからね。

そっちのほうが「それでいいの?」と聞きたいね。

|

« 樺太生まれ | トップページ | 意外と古くない »

コメント

愛情かけて育てた人が親なんじゃないでしょうか?
血が繋がっていても虐待している親がいる世の中、どれが親というのか定義をこたえるのに窮しますね。

投稿: Himawari | 2006年10月27日 (金) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/12418172

この記事へのトラックバック一覧です: 卵子提供:

« 樺太生まれ | トップページ | 意外と古くない »