« 携帯通話OK車両を導入せよ | トップページ | 僕にはわからない人々 »

2007年2月 7日 (水)

子供に夢を託す親は力が入る

芸能とかスポーツとかで親が一生懸命になっていることがあります。

自分の子供に何か才能があれば、できるだけ引き出してやるのは親の務めかもしれません。

ピアノとかバイオリンとか。

むかしからそういうのはありますよね。

美空ひばりのお母さんなんか。

最近目立つのはスポーツですよね。

チチローとか亀田やさくらのお父さんとかの。

賛否もあるかもしれませんが才能を見つけてあげて結果を出しているんだからいいんじゃないでしょうか。

経済的な成功とか社会的な地位や賞賛という面からすると。

まず自分の親が成功者でその子供として生まれるのはいいですね。

そうでなくても自分に才能があって努力して運もあればそれに越したことはありません。

親も自分もダメだった場合、子供に託すことになります。

そうすると人生に大きなチャンスは3回あるわけです。

特に子供は1人とは限りませんのでチャンスは増えるかもしれません。

自分としてはほぼ最後なので親も力が入ります。

これらの中で1つでもあれば御の字ではないでしょうか。

孫が成功してもあまり恩恵は得られません。

自分の良い所とか悪いところは自分が良く知っています。

だから、その血を引く子供の活躍分野の選択に関してはかなりターゲットを絞れると思います。

自分は頭が悪いけど、目の動体視力は良かった。

自分は球技はダメだったけど体操なら。

自分はチーム競技はダメだけど格闘技なら。

歌はヘタだったけど弦楽器なら。

とかね。

しかも、子供に託す場合は小さいうちに始めるから成功の確率は高まりますよね。

ダメなのは、親が成功せず、自分に賭けてもらえず、自分では芽が出ず、そんなんだから自分の子供にも託す踏ん切りがつかない人。

自分が生きるので精一杯。

そもそも何も才能が無いとか、努力が不得意とか、不運続き、子供が何も興味を示さない血筋。

あーダメだ。

3代共倒れ。

夢も希望もなし。

まあ日本全国こういう家庭だけどね。

ウチも含めて。

|

« 携帯通話OK車両を導入せよ | トップページ | 僕にはわからない人々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/13828497

この記事へのトラックバック一覧です: 子供に夢を託す親は力が入る:

« 携帯通話OK車両を導入せよ | トップページ | 僕にはわからない人々 »