« 牧場通りで清里を見直した | トップページ | ジュビロ制覇、山梨県立石和高校、日体大サッカー部 »

2007年5月 9日 (水)

久間防衛大臣NATOの壁紙は何故ヘリテージ財団

ゴールデンウィーク中にテレビを見ていました。

5月4日ベルギーを訪問中の久間章生防衛相は、ブリュッセルの北大西洋条約機構(NATO)本部でデホープスヘッフェル事務総長と会談しました。

ここで、自衛隊によるアフガニスタンの復興支援が可能かどうか検討する考えを示しました。

このニュース映像を見ていて気が付いたことがありました。

それは久間大臣の後ろの青っぽいデザインの壁紙です。

そこには英語で「Heritage Foundation」と書いてあったのです。

ヘリテージ財団。

アメリカの保守系のシンクタンクです。

シンクタンクといっても日本のものと違って強力な政策能力と影響力を持ちます。

ここは保守系、共和党系です。

新自由主義、小さな政府、ネオコン、サプライサイド経済学、反ケインズです。

資金援助はビールのクアーズやアムウェイでした。

久間氏は5月2日にワシントンのヘリテージ財団で講演したそうですが、どうしてブリュッセルの映像でも出たのかよくわかりませんでした。

何か続いているとすればちょっとという感じです。

|

« 牧場通りで清里を見直した | トップページ | ジュビロ制覇、山梨県立石和高校、日体大サッカー部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/15015133

この記事へのトラックバック一覧です: 久間防衛大臣NATOの壁紙は何故ヘリテージ財団:

« 牧場通りで清里を見直した | トップページ | ジュビロ制覇、山梨県立石和高校、日体大サッカー部 »