« 地域格差と環境問題はCO2の市場取引で解決できる! | トップページ | 地中海性気候に住みたい »

2007年5月30日 (水)

ビジネス倫理で懲らしめるなんて良く言うよ

堀江氏とか村上氏を擁護するつもりはもうとうありません。

最後は悪乗りに近いものがありました。

堀江氏の場合はポータルのアクセス数を増やすために話題づくりの必要があったし、村上氏も経営陣への要求を強いプレッシャーにするためにマスコミを利用した面もありましょう。

しかし、「大人のエスタブリッシュメント」への反抗とそのための信念も多少あったかもしれません。それでお金が儲ければ言うことないし、儲かったらさらに大きく破壊して・・・

それに対して巻き返しで「いいかげんにしろ」というのが大人のエスタブリッシュと検察なわけですが、それはそれで悪くないと思います。

それにしても「お金さえ儲ければよいなどという堕落した風潮」というご意見には笑える。

お金好きなくせにー。

検察なんかもこういうものにお灸を据えないとと思ったと思います。

僕が思うに、もし本当にお金だけ欲しければスレスレの方法もあるのだし、こっそりやったほうが利口だと思います。実際そういう人がほとんどでしょう。

ですからその「堕落した考え」が本気だったとは思えません。そういう言葉尻を捉えたもの言いというのもどうかと思います。それで話を終わりにしないで欲しい。

それでも、これ自体は成功して僕の近くの若者もすっかりベンチャーではなくて銀行やお役所への就職に切り替えました。すっかりお金儲けは悪いものになったわけです。

ベンチャーなんてほとんどの若者にとってちょっとしたブームだったのです。

「それは市場原理主義だ」

「小泉改革で格差が増した」

弱者救済、環境優先、セーフティ・ネット、誰しも平等、地方へお金を、モラルの問題、市場主義からの揺り戻し、社会的責任・・・

耳障りのよい方向へ行くように見えますが、これにだまされてはいけません。

喜んでいるのは既存のエスタブリッシュすなわち抵抗勢力とか土建屋とか政治家とか役人、規制に守られているひとたちです。

こういうビジネス倫理とかモラルに訴えるのはいいのですが主観が入ります。

「気にイラねえ」で決まるみたいな。

行政や司法、税務などで裁量がある場合には特にそうです。

オウムがカッターナイフで銃刀法とされたみたいな。

そうすると叩きつぶされる人とその陰でズルくやっていく人が出てきます。

同じような手法を使ったり、実質的に「お金が全て」という人たち、もっとずるい人たちは多いのにそちらはたいして批難されず、調べられず、罪も軽く、しばらくたってゾンビのように復活するのは納得いきません。

ライブドアが使ったTOSTNETなどはM&Aの教科書では必ず勉強する手法です。

驚くに値しませんしそれ以前にも使われていたのです。

あの人がやってもいいけどお前は卑怯だ、と。

1990年京セラがAVXを買収したときは擬似三角合併をしても許されます。

税金でも脱税や節税はおおっぴらに行われます。

「見解の相違」と言うのが通例です。

それにしても目だってはいけません。

襲名披露なんて当局に睨まれるだけです。

2002年頃、創業者一族などは全持ち株を証券会社に売却して翌日に買い戻す「クロス取引」が急増したことがありました。

これで税金を大幅に減らすことができます。

もちろん適法ですが倫理もへったくれもありません。そこまでして欲しいのか。

ライブドアの粉飾は悪いですが、カネボウとか西武とかもっと巨額に長期に確信的に悪質に行われている例はいっぱいあります。

村上ファンドのインサイダーは悪いのですが、これまたひどいのはもっとあります。

株ではなくて不動産と政治でやった実質的なインサイダーなどはもっと規模が大きいし悪いものはたくさんあります。

ワイロ、口利き、情実などエスタブリッシュ層の勝ち組がやって来たずるさがあってモラルとか説教できるのでしょうか?

日本を代表する保険会社が保険金を払いません。

これはあやまっておわりです。

球団が裏金を払って、高校の監督はお金もらって「高校球児はマナーを」ってばかにすんなって思います。ちゃんと申告してんだろうね。

それよりわからないの談合への甘さでしょう。

一部上場の大会社が懲りなく不正をしているわけです。

ライブドアはけしからんが、こちらは許されるのです。

現場責任者に罪をなすりつけて、少し時間を置けば復活します。

経済団体にも入って、政治献金もします。

それで「わが社のコンプライアンスは・・・」と白々しく言います。

あと役人もひどい。

官製談合はもちろん、天下り先を作って退職金をもらう。

人の金を自分のお金のように使うのは、「お金を稼ぐ」よりひどい話じゃないですか。

労働組合やロビー団体が強くてろくに仕事もしねえ。

どうしてあっちが大悪人でこっちは許されるのかちっともわからない。

北海道警察や岐阜県庁など裏金なんてウヤムヤ。検察も動かない。

もっとも検察の裏金疑惑もありましたが話は消えました。

この人たちの面白いのは「返せばいい」と思っているところです。

言っときますけど、それは税金の横領です、詐欺です、盗人です、かっぱらいなのです。

返しても謝っても罪は罪です。

どうしてこれで話が終わるのか全く理解できません。

こうなると破壊したくなるし、逆説的に「お金が全て」とイヤミも言いたくなりますよね。

以上の教訓。

日本では経営者は目だってはいけません。

日本では成功者は名前を出してはいけません。ぐっとこらえます。

「あの会社が問題を起こした」「あの会社が増益した」なら許されても「あいつがやった」「あいつが儲けた」と顔が見えるとと憎悪や妬みが倍増するからです。

マスコミでヘンな映像を繰り返し流されてはいけません。

悪人を作り出すのは得意です。

持ち上げて落とすみたいなのが日本人は特にお気に召します。

社会が許さんとなると、当局が裁量「胸先三寸」でおでましです。

なにしろお金を儲けても黙っていてこっそり生きるのが正解です。

そして「人生はお金ではない」と説教しておいて、先行逃げ切るのです。

若い有能なやつらはみんなで芽を摘んでおきましょう。

|

« 地域格差と環境問題はCO2の市場取引で解決できる! | トップページ | 地中海性気候に住みたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/15257638

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネス倫理で懲らしめるなんて良く言うよ:

» 退職金と税金 [退職金と税金]
退職金と税金に関する情報をお届けしています。 [続きを読む]

受信: 2007年5月31日 (木) 10時10分

« 地域格差と環境問題はCO2の市場取引で解決できる! | トップページ | 地中海性気候に住みたい »