« いとも簡単にフォーム改造したイチロー | トップページ | 政府はレフェリーであるべきだ »

2007年6月10日 (日)

コムスンと社会保険庁だけなのか?

コムスンの折口さんテレビにたくさん出ていましたね。

以前、自信満々で売上数字を高らかに叫んでいた頃を見たことがあるので痛々しいく思えました。

先週も書きましたが経営者はひっそりしていた方がいいって言ったでしょう。

チャラチャラしてちゃいけません。

ジェット機買ったり、ニューヨークで高級レストランやったり、ドナルド・トランプに会う映像を撮ったりしちゃダメってことです。

ただでさえ「ジュリアナ」で疑いの目で見られるわけですから。

さて、グループ内での営業譲渡は凍結でしょうから、外部に売却するらしいです。

数社接触があるようです。

この業界の一位であるニチイ学館か最近、介護にご熱心な渡辺美樹氏率いるワタミかもしれません。

僕が思うに折口さんも売っちゃいたいのでは。利益率低いし。あまりいい商売ではないでしょう。

でも簡単に手放すと何を言われるか分からない。凍結後、やっと売却したというシナリオはいいですよね。グッドです。

ヘルパーさんたちの給与が低いとか3Kだとかは何もコムスンの責任ではありません。

もし待遇などが気に入らなければ、他の会社に転職してもいいし、評判が悪ければ就職しなかったはずです。

特に重度の介護は、他の会社がやらないのでコムスンでしかやってもらえないので、利益を出すのはたいへんだったと思います。

規模の利益を追求するしかないのです。

多少の無理があったから利益が出たと言うのもどうかと思います。

介護はビジネスですし、ボランティアではありません。

でもそれは冷たいとか不適切ということではありません。

真心のサービス業という点では他と同じです。

もし、思ったより低い買収価格だとしたら、コムスンは今まで企業価値最大化していたことになります。他の会社ではできない超過利益を産んでいたと。

人しかいないから価値はないなどという人はサービス業をバカにしています。ブランド価値をわかっていない人です。

問題は、他の会社でも3Kだし給与は低いことです。

さらに気になるのは他の会社にも不適切な事がなかったかということ。

年金不払いのときのように後になってゾロゾロ出てきそうな気がします。

実は折口氏はそれを感じていて、先にひどいバッシングを受けた方が同情もあって回復は早いと踏んだのでは。

そうなると、買収は既存の数社ではなく新規のワタミになるということです。

そして、グッドウイル・グループの株価は一時的に下がっても、その後回復どころではなく、不採算事業の切捨てとリストラが堂々とできるのですから、返って上昇するかもしれません。

この評価は市場が行うので、興味深く見ましょう。

ここらへんはシビアですよ。

どっちにしろ厚生労働省に倫理とかモラルとか言われたくないですよね。

矛先を変えようとここで指導したのに違いありません。

目くらまし戦法ですね。

敵の敵は味方みたいな。

ところが、それを折口氏は逆手に取って逆襲したりしてグルグルします。

さらに、社会保険庁よりひどい役所さえあったら皆さんどうします?(あるよ。いっぱい)

|

« いとも簡単にフォーム改造したイチロー | トップページ | 政府はレフェリーであるべきだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/15388196

この記事へのトラックバック一覧です: コムスンと社会保険庁だけなのか?:

« いとも簡単にフォーム改造したイチロー | トップページ | 政府はレフェリーであるべきだ »