« 新聞記事にやたら出てきた「当地」 | トップページ | 江戸東京博物館の特別展料は高すぎるよ »

2007年7月21日 (土)

日本もテロが多かったんですよ

テレビで海外のテロ事件を見るたびに「あー日本に生まれてよかったあ」と思いまよね。

でも良く思い起こすと日本にも無差別爆弾テロってあったなあと。

地下鉄サリン事件を除けば若い人は知らないと思うけど。

衝撃的だったのは三菱重工爆破事件です。

1974年8月東京本社(今は文部科学省のビル建替え中)

8人死んで、300人以上がケガをしました。

犯行は東アジア反日武装戦線「狼」です。

こういった過激な左翼運動が多かった。

時限爆弾が得意で「腹腹時計」という本が問題になりました。

学生運動とは別の黒ヘルグループの流れです。

三井物産や間組、鹿島建設など大手ゼネコンも狙われました。

クアラルンプールやダッカのハイジャック事件になります。

超法規的措置の佐々木規夫は日本赤軍に加わりました。

日本赤軍は72年にテルアビブ空港乱射事件を起こすなど日本人は国際的に批難されていたのです。今のアルカイダみたいなもん。

1976年3月の北海道庁爆破事件もありました。

70年代後半は爆破テロがやたらと起こっていたのです。

でも自爆した奴はいなかった。主張も意味がわからない時代遅れなものでした。

これが現在の宗教系のテロと違うとこ。

日本だって30年前はひどかったんだから。

|

« 新聞記事にやたら出てきた「当地」 | トップページ | 江戸東京博物館の特別展料は高すぎるよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/15834758

この記事へのトラックバック一覧です: 日本もテロが多かったんですよ:

« 新聞記事にやたら出てきた「当地」 | トップページ | 江戸東京博物館の特別展料は高すぎるよ »