« 心の障害を考えよう | トップページ | 生糸は明治の大産業だった »

2007年7月 8日 (日)

上信電鉄で富岡製糸場を見学してきました

北関東の調査は続きます。

今日は高崎まで行って、上信電鉄に乗り換えました。

レトロです。

ローカルです。

2両編成です。

車体は広告だらけです。Imgp0158 Imgp0171 Imgp0164 Imgp0219 Imgp0216

ほとんどの駅は無人なので一番前のドアから支払って降ります。

ワンマンですからそのたびに運転手さんが出てきて対応します。

里山と田んぼの中をひたすら水平に走っていきます。

高校生など結構乗っています。

上州富岡で降りました。

歩いて10分ほどで富岡製糸場です。

「製糸工場」だと思ったら「製糸場」でした。

この間の商店街は切れ目なく店が並んでいます。

でも木造でボロい低層な建物ばかりです。Imgp0173 Imgp0175

閉まっている店が多い。Imgp0215

往年は栄えたのでしょう。偲ばれます。

この街の再生を頼まれても二の足を踏むことでしょうね。

その最後の手段は「ユネスコ世界遺産登録」への道でしょう。

のぼりが立っています。

工場が見えてきました。

こう見ると企業城下町だったのですね。

社会科の教科書で見たのと同じです。

1872年(明治5年)操業開始ですから、よくまあ135年間残っていたものです。Imgp0180 Imgp0178 Imgp0182 Imgp0187 Imgp0190 Imgp0194 Imgp0193 Imgp0197 Imgp0198 Imgp0210 Imgp0184 Imgp0202 Imgp0211 Imgp0206

保存状態はかなりいいと思います。

一番感心したのはこの点です。

つまり1939年(昭和4年)に片倉工業が引き継いで1987年まで操業していたのですが、その間も保存に相当力を入れていたのでしょう。

2006年1月に富岡市に売却されました。

僕にとって片倉工業といえばホームセンターのカタクラです。甲府バイパスにある。

片倉組(財閥)はいまの岡谷市で操業しましたが、上信電鉄の名前からもわかるとおり上州と信濃は生糸産業が盛んだったのでしょうね。

事実、上信電鉄は小海線まで延伸するつもりで改名したそうです。

ちなみに、JR横浜線や八高線は上州や甲州の生糸を横浜港に運ぶために敷かれました。

もう一つ感心したのは、製糸機械は相当精密でノウハウやら特許やらの塊だったことです。

精密機械産業の基礎になったと思います。

残っている機械は日産製でした。

トヨタも豊田自動織機から始まっています。

つまり製糸業は自動車産業や片倉など不動産業やショッピングセンターへと展開していったのです。

それから何故この場所が選定されたのか?という点が疑問でした。

もちろん上質の繭が得られる養蚕農家が必要です。

それから水の確保です。

それでも内陸のこの地でなければいけない理由がよくわかりませんでした。

でも行ってみてわかりました。

南側を見ると高台になっていて、下の川と畑が広がるロケーションがいいのです。

ぶどう畑があったらしくて、推進したフランス人技術者のポール・ブリューナがワインが飲めそうと思ったのが決め手だったらしいのです。

残念な点はその南側の先に貧乏臭い団地が連なってしまっていることです。

これは若干マイナス点じゃないかなあ。世界遺産への。

ブリューナの待遇は非常に高かったのですが、日本は技術を得たいため払ったそうです。

でも契約期間は5年でしたが、技術を得られた日本としては延長しませんでした。

さらにもう一つ、製糸工場というと女工哀史とかああ野麦峠とか過酷な労働を思い浮かべますが、ここはそうではなかったとのこと。

外貨獲得のための殖産興業のための全国に先駆けてのモデル工場であって、当時の国家予算の1%をつぎ込んだ理想的な工場でした。

働く女性も選ばれたエリートで、技術を身につけたあと、郷に戻って活躍しました。

リーダー養成学校だったわけです。

ですから女工ではなく工女という言葉で説明されています。

うがった見方をすると、世界遺産登録にマイナスにならないような配慮かなと思いました。

下水処理など衛生面や診療所の充実などはたしかにありました。

ユニークさを強調されていたのは、建築家ではなく技術者が作った建物なのであくまで機能的だという点です。

横浜の赤レンガなどは1911年ですし、東京駅は1914年開業ですから40歳くらい年上なわけです。

このレンガはホフマン式で、渋沢栄一も関係していますので、深谷の日本煉瓦製造のものかと思いましたが、そこは1887年にできたので違いました。

ブリューナの指導で甘楽で焼かれたそうです。

ボランティアの解説員さんが約50分ほど説明してくれました。

|

« 心の障害を考えよう | トップページ | 生糸は明治の大産業だった »

コメント

低層な建物ってw

投稿: | 2010年7月18日 (日) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/15698268

この記事へのトラックバック一覧です: 上信電鉄で富岡製糸場を見学してきました:

« 心の障害を考えよう | トップページ | 生糸は明治の大産業だった »