« 今日はプルコギに挑戦しました | トップページ | 八代町の温泉はふるさと公園に »

2007年9月29日 (土)

郵政民営化で値上げはおかしい?

郵便局の定額小為替について値上げされる話を書きました。

これの投書にさらに投書が載りました。

朝日新聞9月26日「民営化だれが賛成したのか」会社員 柏原新一 水戸市39歳

・値上げでわかるとおり民営化でサービスが良くなるのは幻想であると。

・これまで国営であった郵便局は諸税を納めなかったのでその分安かった。だからよかった。

・ゆうちょ銀行の手数料や郵便料金なども高くなるはずだ。無人化もおこるであろう。

・この改悪は言葉の響きや人気に惑わされて多数の国民が民営化に賛成したのが原因である、と。

柏原さんのような人がいるのは驚きです。

今まで郵便局が税を納めないということは、その分を別に国民の税で負担していたことに気が付かないのでしょうか?

つまり郵便局を良く使う人だけが優遇されてきたともいえます。

これは現在の国民の税だけでなく将来の子供たちから金を取っていることに他なりません。だから安いのです。

それから同じ土俵で競合できるようにするという民業圧迫をお忘れでは?

民間を締め出していたので民間が高くなっているわけです。

それから財政投融資の仕組みをストップさせることが本当の目的です。

これが巨大な裏予算になって利権が発生しているのです。

物事を単に1つの現象だけ見ればそうですけど、全体で見ないと。

だから矛先を郵便局とか民営化に向けるんじゃなくて、定額小為替だけを指定しているボケた市役所に要望すべきです。

僕のブログのタイトルもそうだったでしょ。

たとえばコンビニではそういった決済の機能がある端末が全国にあるのでそれも選択できるようにすれば済むことです。

選択肢があれば高くなった定額小為替を拒否できるわけです。そうすれば郵便局ももっと良い手段を考えてくるはずです。

宅配便との選択肢で郵便小包との競争があったように。

民営化で過疎の村などで郵便局が統合されて不便になることもあるかもしれませんが、コンビニや宅配を使ってカバーできるシステムを考えればいいだけです。

ニーズがあれば柏原さんが心配しなくても必ずできるはずです。

この民間の創意工夫と競争が真の目的なのですよ。

まだわかっていないのかなあ。

|

« 今日はプルコギに挑戦しました | トップページ | 八代町の温泉はふるさと公園に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/16613836

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政民営化で値上げはおかしい?:

« 今日はプルコギに挑戦しました | トップページ | 八代町の温泉はふるさと公園に »