« ドコモのスマートフォンに替えた | トップページ | 僕たちは本当に映画を観ているのか »

2007年9月 2日 (日)

モダンな桐生はいいぞ

  今日はまた北関東の旅です。桐生周辺へ。

一応、わたらせ渓谷鉄道と桐生を目指しましたが出るのが遅すぎました。

北千住から東武ですが特急「りょうもう号」に乗ってしまいました。これが快適。Imgp0684 Imgp0687

春日部までは家も多いのですが、館林あたりからすっかり田舎です。

太田に到着したのはいいのですが接続が悪すぎで1時間弱の待ちです。

しかし、ここも疲弊しています。Imgp0691

駅前のドンキホーテ以外は消費者金融とチェーン居酒屋しかありません。あとは外国人しかいません。

いかにもギャンブルの人たちばかり乗った桐生線で相老(あいおい)まで行きました。Imgp0694

ここでわたらせ渓谷鉄道に乗り換えるのですがこれまた1時間近くの待ちです。

しかも、乗ってしまうと戻る時間がかかってしまいます。

もう1つ赤城まで行って上毛電鉄に乗って西桐生にいく手もあるのですが、これまた時間が空いています。

考えた末、新桐生まで戻ってタクシーで桐生市内へ行くことにしました。

有燐館という蔵群を見学しました。Imgp0718

ここは近江商人の流れを汲む醸造業の矢野本店のもので、文化イベントの中心地となっています。今日もいろいろなお店が出ていました。

その後は本町通りを散歩しました。Imgp0700 Imgp0704 Imgp0709

ところどころ古い建物が残っていて楽しImgp0710い。

桐生は養蚕業の盛んな群馬をバックに絹繊維産業の町なので近代の洋風建物も多く残っています。

実際、キリスト教の普及も高いと言われています。

軍需工場が多かった群馬で桐生だけは空襲の被害が少なかったのです。Imgp0719 Imgp0724 Imgp0726 Imgp0728

特徴は家の高さが低いことです。

のこぎり屋根の工場や倉庫などもありますが規模は小さいので街とよく調和しています。

他のこうした町よりもモダンな感じです。実際、アパレル、デザイン、設計などのアトリエや店舗に使われています。Imgp0723 Imgp0714

ですから、東の小京都と呼ばれているのですが、川越、佐原、酒田のような江戸時代というような臭いではありません。Imgp0735

文化的なイベントやコンサートなどの活動も多く行われているようです。きっとおしゃれな人たちも多いのでしょう。

少し前の原宿や代官山の同潤会アパートに近い感じと言えばわかるかもしれません。

まちおこしとしてのポテンシャルは非常に高い街だと思います。

それにしても東京からの電車のアクセスが悪い。これがいいのか悪いのかわからないのですが。

何故か公営ギャンブルに依存してきたのは悪いイメージです(僕の少ない体験からも)。

公営ギャンブルの3競オートが全て揃っているのは埼玉県と福岡県ですが、群馬県も2004年に高崎競馬場が無くなるまで4つ揃っていました。(他は伊勢崎オート、桐生競艇、前橋競輪)

政治的は保守土着の自民党王国ですが、与党も分裂状態で非自民すら分裂状態という状態になっています。

「シロフジのアイスまんじゅう」という硬いアイスを食べて帰りました。おいしい。

|

« ドコモのスマートフォンに替えた | トップページ | 僕たちは本当に映画を観ているのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/16324290

この記事へのトラックバック一覧です: モダンな桐生はいいぞ:

« ドコモのスマートフォンに替えた | トップページ | 僕たちは本当に映画を観ているのか »