« 松尾貴史のお兄さんてあの人? | トップページ | 今日のロールキャベツは測らずつくった »

2007年10月 4日 (木)

医者や弁護士が居ない世界とは

医者や弁護士が居ない世界を想像してみよう。

そりゃ困るって?

そうじゃなくて、必要がない世界。

ほとんど居なくてすむ世の中。

だれも病気にならず、なっても簡単に治ってしまう。

弁護士がいらないほど仲がよくて。

税理士がいなくても簡単に税務申告できたり税がなかったり。

会計士がいなくても監査が必要ないほど正直で。

学校の先生がいなくても、みんなネットで勉強して。

牧師やお坊さんがいなくてもいいほど悩まず。

国会は数人でよくて、市役所も公務員も数人でOK。

介護の人も必要なくて。

警察や消防や軍隊が要らない。

むかしウェブレンという経済学者が経済政策がいらなくなる社会をつくるのが理想だと言った。

他も要らない社会のほうがいいよね。

でも、世の中を難しくさせて自分達の仕事を増やしているんじゃないの?

特に専門家とかセンセイとか呼ばれている人たち。

自分でつくって自分で悩む。

話をややこしくさせるだけの宗教。

子供をダメにする教師。

医療過誤を起こす医療関係者。

事件を起こす弁護士や警察。

仕事を増やす公務員。

国益を損なう外務省。

モノを運べなくする運転手。

高いコメを食べさす農家。

変な判例出して悩む裁判所。

高いエネルギーでペットボトルを洗わせるもったいない主義者。

車に乗っているあらわれる環境派。

エコカーを売りまくる自動車会社。

遠い・遅れる・時間のかかる飛行機。

ご利用計画をいっしょに考えてくれる消費者金融。

夢を砕く球団や相撲取りや芸能人。

ヤラセやお涙頂戴で騒ぐマスコミ。

マッチポンプ。

|

« 松尾貴史のお兄さんてあの人? | トップページ | 今日のロールキャベツは測らずつくった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/16662365

この記事へのトラックバック一覧です: 医者や弁護士が居ない世界とは:

« 松尾貴史のお兄さんてあの人? | トップページ | 今日のロールキャベツは測らずつくった »