« うちの屋号は丸金でした | トップページ | 事実婚で出生率増のフランスに学べ? »

2008年1月24日 (木)

防衛省潜入記

オトナの社会科見学。

今日は防衛省。

午前中は仕事が市ヶ谷だったのでネットで予約しておきました。

午前のコースと午後は若干違う。

2時間10分。もち無料。

寒い。

黄色い服を着たきれいなコンパニオン風のおねえさんが案内してくれる。Imgp2407

プロパーなのか?(まさか)。派遣なのか。

うしろめたい組織はたいてい美人をそろえるからダマサレテはいけない。

他には主婦のグループ、田舎から出てきたおじさんを案内するおじさん2人。1人できた30歳くらいの女性(ナゾ)。

どういう目的で見学したいと思うのか考えてみたけど想像できない。もっともあっちも同じことを考えているに違いない。

途中でバスのグループ50人ほどと合流しましたが、話を聞いてみると普通の人たちのよう。

東京の都心とは思えない広大で明るい敷地です。南向き斜面になっているのでエレベーターがある。

市ヶ谷台ってくらいで尾張徳川家が江戸城を守るために住んだ見晴らしの良い土地です。

装甲車っぽい車、数字だけのナンバープレート、警備の人が止めるゴロがついた車止め、制服、敬礼なんかを見ると非日常感が出てきます。Imgp2438

意外とアメリカ軍の車や外人が目に付きます。さすが日米安保と実感します。

要人を迎える儀場からA棟を通って市ヶ谷記念館へ。

ここは、京都兵学寮になったあと昭和12年(1937年)に陸軍士官学校になった以降は、大本営陸軍部、参謀本部、米軍司令部となって昭和34年(1959年)に返還されました。その後は陸上自衛隊、自衛隊幹部学校となって平成12年(2000年)に防衛庁が六本木から移転してきました。Imgp2409

というような予備知識もなく建物を見て「なんか見たことあるなあ」という感じでした。

大講堂に座ってビデオを見ました。

そこでここが東京裁判の場所であることに気づいて一同興奮。

ビデオに写った講堂の場面を止めて説明してくれました。 Imgp2414

天皇陛下のためにいろいろな仕掛けがあることもわかりました。Imgp2421

ひとつ気づいたのは、森山眞弓(元官房長官)撮影・寄贈の東京裁判の写真。最初は間違いではないかと思った。寄贈はわかるとしても撮影?

ところが別の写真では東京裁判の通訳としての写真があって合点した。Imgp2425

やってたんだ。宮沢喜一のサンフランシスコ講和会議みたいだ。

2階の旧陸軍大臣室は三島由紀夫が立てこもった部屋でした。Imgp2428

「なんか見たことあるなあ」というのは、その部屋のバルコニーでの三島の演説だったのです。

その部屋のドアにはその時の日本刀によるキズも生生しく残っています。

見学者の皆さんは、大本営より三島事件の方が実感が湧くようでした。

次は厚生棟です。

展示室には陸・海・空の模型などがあって、さながらオタクの石破大臣室のようです。Imgp2433 Imgp2436

売店にはスタバのほかおみやげ物屋さんもあります。

迷彩柄のグッズ、ストラップ、乾パン、海軍カレー、陸軍印の身分証明書入れ、陸海空の日本酒、陸海空のカップめんなどなど。

ちょっとセンス悪かった。

|

« うちの屋号は丸金でした | トップページ | 事実婚で出生率増のフランスに学べ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/17841399

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛省潜入記:

« うちの屋号は丸金でした | トップページ | 事実婚で出生率増のフランスに学べ? »