« 日本にはないコンベンション産業 | トップページ | クレオール料理とケイジャン »

2008年1月 6日 (日)

24年間2ファミリーで大統領独占かい

アイオワの民主党党員集会で予想に反してオバマ氏が勝利しました。

アイオワに注目が集まるのは1976年のカーターの勝利(カーターって誰?)だからだと思う。

リベラルと保守の分裂を統合する考えやイラク戦争に一貫して反対しています。

こちらのテレビでも大統領選の討論などが流れています。

オバマ氏は演説がうまい。

「変革」と「希望」で若者にアピールしているようです。

どちらにしても、共和党の話題はほとんどなくて、民主党で勝ったほうが大統領になるというのは暗黙の了解みたい。

もしクリントンが勝ったらパパブッシュ4年、不適切なクリントン8年、子ブッシュ8年、ヒラリー4年となって、なんと1988年から24年間に渡って2ファミリーで大統領職を牛耳られることになってしまいます。それはいくらなんでも「変化」にはならないよねえ。

次はニューハンプシャー。2月5日はスーパーチューズデイ。

|

« 日本にはないコンベンション産業 | トップページ | クレオール料理とケイジャン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/17684608

この記事へのトラックバック一覧です: 24年間2ファミリーで大統領独占かい:

« 日本にはないコンベンション産業 | トップページ | クレオール料理とケイジャン »