« 未成年者の喫煙防止目的なんて大ウソ | トップページ | ル・コルビュジエを世界遺産に »

2008年2月 2日 (土)

飛鳥山で渋沢史料館を見学

王子はどこにあるのか、その位置が良く分からない。

だいたい池袋から上野の間ってわからない。行く用事ないし。

大塚⇒巣鴨⇒駒込⇒田端⇒西日暮里⇒日暮里⇒鶯谷

で王子はどこだ?

田端で乗り換えて京浜東北線で2つめ。

都電荒川線と南北線があるほうじゃない南口から降りて上ると飛鳥山公園。

ここは八代将軍吉宗が享保の改革で財政政策の一環でつくりました。

その半分は渋沢栄一翁が1878年に別荘となり、その後30年住んだ本邸。

曖依村荘(あいいそんそう)と呼ばれました。

関東大震災と空襲でほとんど焼かれてしまいました。

今は龍門社の寄贈されて渋沢史料館と庭園となっています。

晩香廬という洋風茶室、青淵文庫という書庫などがあって今は公開中です。Imgp2473 Imgp2468

ただし、文庫の中は何も無いと言っていいくらいです。

渋沢史料館は単なる記念館というだけでなくいろいろ研究も盛んなようです。イベントや研究会も行われています。Imgp2483

ひとつ発見したのは渋沢は東京大学で財政学の講師をやっていて坪内逍遥の卒業証書(複製)に名前が載っていました。Imgp2480

田園都市株式会社(田園調布)の写真もありました。Imgp2479

それにしても高台です。山といっても地形図には載っていないそうです。

下は線路がいっぱいです。

そういえば日暮里だったか西日暮里だったかでやたら電車を見れるスポットがあると聞いたことがある。どっちだったか。

それで日暮里に行ってみました。駅員さんに聞いてみると北口を右に出たところの橋と教えてくれました。

山手線、京浜東北線、宇都宮線・高崎線、東北・上越・長野新幹線、京成本線、常磐線。

舎人線も走ります。

すごい本数です。ひっきりなしに電車を見ることができます。Imgp2488

ギャラリー多数。みんなカメラを持っています。

なぜか半分は外国人でした。めずらしいのかなあ。Imgp2485

ご丁寧に主要な電車が通る時刻が書いてある看板まであります。

鉄ちゃんなら良く知られているスポットなんでしょうね。

北口には繊維街があるので歩いてみました。

しまむらの大人版のような安さです。Imgp2490

服というより生地屋さんが多く、アパレル学生風の人がいっぱいだった。

|

« 未成年者の喫煙防止目的なんて大ウソ | トップページ | ル・コルビュジエを世界遺産に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/17933034

この記事へのトラックバック一覧です: 飛鳥山で渋沢史料館を見学:

« 未成年者の喫煙防止目的なんて大ウソ | トップページ | ル・コルビュジエを世界遺産に »