« フリーペーパーの強みは地域限定性 | トップページ | 古文書解読は知的エンターテイメント »

2008年2月24日 (日)

武相荘で白州次郎に出会う

強い風でしたが、武相荘(旧白州邸)に行ってきました。

白州次郎・正子が住んでいました。

小田急線の鶴川駅で降りて、バスに乗って2つ目。

今は住宅街ですが、白州が買った1942年頃は農村だったそうです。Imgp2585 Imgp2584 Imgp2580 Imgp2572 Imgp2571 Imgp2569

この家は、茅葺きで43年に引っ越して少しずつ直したそうです。蚕室もありました。

裏の方には山小屋風の家もありました。

庭もきれいになっています。

98年に正子が亡くなって娘さんが2001年にオープンしました。

入場料は高く1000円。小学生以下は入場不可。

白州の実家の芦屋の「白州商店」は綿貿易だったそう。

白州はケンブリッジですがその父はハーヴァード。

正子は樺山家の娘ですが、家はジョサイア・コンドル作の洋館だったそう。

帰りは歩いて鶴川駅まで戻りました。

|

« フリーペーパーの強みは地域限定性 | トップページ | 古文書解読は知的エンターテイメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/40246291

この記事へのトラックバック一覧です: 武相荘で白州次郎に出会う:

« フリーペーパーの強みは地域限定性 | トップページ | 古文書解読は知的エンターテイメント »