« 日本銀行旧館はネオバロック | トップページ | 千代の富士のリンチ疑惑 »

2008年2月 7日 (木)

日本銀行はたしかに銀行でした

日本銀行の見学に行きました。

1週間前までに申し込む必要があります。

まず時間つぶしも兼ねて隣の貨幣博物館を訪ねました。こちらは自由・無料です。

どうせ古いコインや小判が並んでいるだろう。

ところが、幕末の混乱、貿易決済、複数の発券銀行、インフレ、恐慌など金融史で面白い。

いろいろナゾが解けた。

甲州金についても発見があった。

3時になったので日銀の建物に入って待ちました。

内部は写真が撮れませんし、金属探知機もあるので荷物はロッカーに預けます。

まず、日銀の役割などのビデオを見ます。

出演は酒井美紀でした。福井さんは3月までなのでつくり直すのかなあ。

その後、館内を回ります。

2番目に古いエレベータで上がります。

歴代の総裁の肖像画を見ました。渋沢の孫、高橋是清など。

新館に行って業務を見学しました。

普通の銀行みたいでした。

一般人や企業は日銀に口座をつくれませんが、お札が焼けたときなどはお世話になるかも。

資料館などもあって古いハッピとか提灯、拍子木などが揃っています。

テレタイプや計算機などを見ました。

3月まで工事中だそうで地下金庫の中は見学できません。外からだけでした。

金庫のカギについて聞いてみたのですが教えてくれませんでした。

ドームの中を通って終了。

日本橋めぐりで忘れてはならない場所でした。

|

« 日本銀行旧館はネオバロック | トップページ | 千代の富士のリンチ疑惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/40049670

この記事へのトラックバック一覧です: 日本銀行はたしかに銀行でした:

« 日本銀行旧館はネオバロック | トップページ | 千代の富士のリンチ疑惑 »