« 事件の林道は山梨市じゃなくて甲州市 | トップページ | 山梨の偉い人大村智 »

2008年4月16日 (水)

日経ヴェリタスは今ひとつ

金融専門の日経ヴェリタスが創刊されました。

日経読者の中には2ヶ月ほどタダで届けられている人もいるはず。

タブロイド版で横書き。色付き。

日曜日だけで1週間500円ほど。

先週記念パーティが行われて著名人も来ていたようです。

目標10万部でしたが13万部超らしい。

マニア向けでしたが、このご時世ですから株価を紙面で見ることは必要なくなった。

それでIDとパスワードでネットでフォローするというのが売り。

正直言って今ひとつ。

いくつか翻訳記事を除くと読むところがない。

日曜日はじっくり読む時間もない。

13万部と言ってもタダで配っているだけ。

元々3万部の日経金融新聞の続きです。

何故、ダメなのか考えたのですがよくわかりません。

やはり金融市場は平日に動くので、土日は「自分の知らない新しい事柄」を読みたいのではないでしょうか。

だから金融市場の人は、むしろ「日経MJ」とか「日経産業新聞」のダイジェストを読みたいはず。

それから、紙質なのか印刷なのかわかんないけどめくり難い。

これが続くなら僕は購読はしないと思う。

|

« 事件の林道は山梨市じゃなくて甲州市 | トップページ | 山梨の偉い人大村智 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/40899638

この記事へのトラックバック一覧です: 日経ヴェリタスは今ひとつ:

« 事件の林道は山梨市じゃなくて甲州市 | トップページ | 山梨の偉い人大村智 »