« 渋沢家は何故お金持ちだったのか | トップページ | 温暖化の海面上昇はどう判断するのか »

2008年4月20日 (日)

相模原米軍基地でマラソン

今日は東日本国際親善マラソン。

2週連続のマラソン。我ながら元気。

何が親善って、在日米軍との。

相模原の補給廠であるデポ内を走る大会。

もちろんアメリカ内なのでゲート証とパスポートなど身分証明書を持参。

持ち物検査もあってカメラなどの持ち込みも制限されます。

あいにく曇りで時々雨。

倉庫の看板や迷彩の給水車などが非日常性をかもし出します。 Image_020

ずーっと芝なので気持ちいい。

ICUのときも思ったけど、同じ日本でどうして芝がきれいなのか不思議。少なくとも気候のせいにはできないはず。Image_030 Image_035

ケバブ、ホットドッグ、バドワイザーなどが売られています。

米兵もにこやかに挨拶してくれます。

ここは米軍の補給施設でベトナム戦争では使われる戦車、装甲車などを整備していました。Image_068

今でも陸海空軍の工作車両や食糧が保管されています。Image_022_2

給水車などお手の物なのでしょう。訓練の一環か。

横浜、横田、座間などに近いし、横浜線からの貨物線もある(現在は廃止)。

戦中まで旧陸軍の兵廠でした。

以前、JR横浜線から見えたときは「違う世界なんだろうなあ」と思っていました。

一部用地の返還もされる見込みで、そうすると相模原も変わるんでしょうねえ。

マラソンとは別のことばかり興味が出てきますね。

今年は基地祭りなんかも行ってみようかな。

|

« 渋沢家は何故お金持ちだったのか | トップページ | 温暖化の海面上昇はどう判断するのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/40941320

この記事へのトラックバック一覧です: 相模原米軍基地でマラソン:

« 渋沢家は何故お金持ちだったのか | トップページ | 温暖化の海面上昇はどう判断するのか »