« JAS法指示がない県とは | トップページ | サミット残念 »

2008年7月 9日 (水)

公営を避けたくなる気持ち

近所の中学校のプールが公開中なので泳ぎにいきました。

寒かったので空いていました。

休憩時間中に横を見てビックリ。

すごい刺青の人だったのです。

小学生くらいの子供といっしょのお父さん。

ファッション風の小さな彫り物ではなくて本格的な。

でも雰囲気はその筋ではなくてマニア風でした。

それにしても気持ち悪い。

変な病気持っていそう。

子供もかわいそう。ジロジロ見られて。

公営だから「来るな」とは言えないのか。

でも公営の温泉では「刺青お断り」とある。

受付のおばさんに聞いて見ると「最近多いんですよ。女の人も多いんです」とのこと。

そういえば去年屋外のプールでも足が全部刺青の人がいて、見ていて気持ち悪くなった。

保育園の運動会とかでもすごいタトゥー夫婦がいる。だいたい不健康そうな色白。

彼らはジムとかでは断わられるのでしょうがなく公営に来ているのかも。

でも自業自得だよね。そういう損するのは覚悟のはず。

こんな奴ばっかしだと公営は行かず、お金払ってプライベートなスポーツクラブに行きたくなる。

これは私立の小中学校に行かせたくなる気持ちと同じかもね。

あんな親じゃまともな話になんない。

こうして二極化していくよね。

これを格差とか差別とかいわれてもねえ。

|

« JAS法指示がない県とは | トップページ | サミット残念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/41785168

この記事へのトラックバック一覧です: 公営を避けたくなる気持ち:

« JAS法指示がない県とは | トップページ | サミット残念 »