« 西湖のキャンプはサイコー | トップページ | 山梨で擬洋風建物を発見 »

2008年8月18日 (月)

帰省中に行った山梨の温泉

山梨に帰省しています。

こちらも暑いです。

温泉に行きました。

大和村(甲州市)の嵯峨塩温泉(16日)と大菩薩の裂石温泉(18日)に行きました。

どちらも川沿いの露天風呂がいい。

ところがどちらも断わられてしまいました。

宿泊客以外は2時までと1時30分までだそうです。

本当かよ。

まあお盆の時期の忙しい時の夕方ではありますが。

それで諦めて、天目山温泉と大菩薩の湯という公営の温泉に行きました。

どちらも温泉がつるつるしていてよかった。しかも安い。

でも難があります。

天目山温泉は源泉の湯船に地元の人が数人居座っていてどきません。

入った時、こちらを黒い顔でジロっと見て怖かった。しかも大声で話するからうるさい。

上には「独占しないように」と注意書きがあってさもありなんと思いました。きっと温泉の人も困っているのでしょう。

大菩薩の湯もすごかったらしい(女湯)。

洗い場の上に洗面道具を置いて「ここは私の場所だから」とどかすオバサン。

かといって洗うわけでもなく湯船からジッと睨んでいるらしい。

さすが山梨。

公営の温泉って地元料金と村外の料金に分かれている。この批判は前に書きました。

それで地元の人って勘違いしちゃって、「ウチのお湯に入らせてやる」っていう意識があるんじゃないか?

ほとんど国民の税金なのにね。

あとキャンプの後に西湖の西にある「いずみの湯」に行きました。

いいんだけど、入り口近くにタバコを吸うテーブルがあるので臭い。

しかも吸っているのは受け付けのおやじ。

富士登山のときの河口湖の「開運の湯」のひどさといい。

どうにかなんないのか?

|

« 西湖のキャンプはサイコー | トップページ | 山梨で擬洋風建物を発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/42221365

この記事へのトラックバック一覧です: 帰省中に行った山梨の温泉:

« 西湖のキャンプはサイコー | トップページ | 山梨で擬洋風建物を発見 »