« 歩道の自転車をそんなに怒んないでください | トップページ | 香川県は日本のフロリダを目指せ »

2008年9月25日 (木)

専門サービス業もコモディティ化

性能に差別化がなくなってきてしまった商品になることを経済学では「コモディティ化」といいます。

単純化された製品、陳腐化してしまった技術という意味あいがあります。

そうなると価格しか違いは出てきません。

最近ではパソコンがコモディティ化の代表例でしょうか。

コモディティ化された製品は中国とかインドとか労働力の安い地域で造られはじめます。

そうなると先進国では対抗できないので撤退を余儀なくされます。

IBMがレノボになったように。

どんな工業製品もいずれはコモディティ化されます。

もっと先端分野や大量生産が効かない高度サービスに向かいます。

あるいは地域でしかできない消費サービス業なら生き残れるともいえます。

ところが専門サービス業もコモディティ化が可能になる現象もはじまります。

僕が通っている歯医者さん。

すごい数の歯医者さんがローテーションで回っている。

だから毎回担当者が違う。

指名もできますが、予約が取りづらいのであえてしません。

先生方もいろいろな医院を回っているのでしょう。

それができるのも電子カルテで前回までの処置とか進捗が瞬時にわかるからでしょう。

時間を分担しているのと同じ。

格安の美容院もそう。

どちらも予約なくふらりと行っても大丈夫。

税理士さんも同じ。

過去のデータはソフトに入っているからから大丈夫。

データさえ渡せば、あとはメールのやりとりだけで申告できる。

本当に指名が必要なのは難病とかでその先生しかできないとか、神の手を持つリハビリ師とか、髪型で収入が変わる人とか、税務で裁判になるような特殊な場合だけ。

こうなってくるとライバルは増えるので競争は激しくなるし、価格も安くなる。

しかもできる先生と普通の先生ではちょっとした差が大きな格差や評判の違いがでてくるでしょう。

ITや金融さえもグローバル勝負なんだしね。

世界ランキングで考えないと。

松坂やイチローとその他の選手じゃ差もでるよね

専門サービス業もたいへん。

これじゃ専門能力のまるでない人なんて稼げる余地などありゃしません。

世界平均レベルの貧乏になるのは当たり前。

|

« 歩道の自転車をそんなに怒んないでください | トップページ | 香川県は日本のフロリダを目指せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/42588633

この記事へのトラックバック一覧です: 専門サービス業もコモディティ化:

« 歩道の自転車をそんなに怒んないでください | トップページ | 香川県は日本のフロリダを目指せ »