« 農政事務所とはいったい何なのか | トップページ | お前の神経は死んでいる »

2008年9月17日 (水)

じゃじゃ麺がまだわかりません

前から目を付けていたじゃじゃ麺のお店に行きました。

中華のジャージャー麺ありますよね。あれとはチト違う。

肉みそでまぜて食べるのは同じだけど麺が中華麺じゃない。白い。

盛岡は冷麺が有名だけどじゃじゃ麺もすごいと聞いていました。

20年ほど前。

義兄は岩手大学出身だけど、この麺を食べたくなって山梨から盛岡まで車を飛ばしたほど。

県庁の近くにあるらしい。

曰く「麻薬が入っているに違いない」

「あとで生卵を入れてスープにする」ような説明を聞いたけどよくわからなかった。

チータンタンというらしい。

それで行ってみたわけ。

大盛700円でチータンタンが80円。

何も注文時にチータンタンということは無かった。

ただスープを入れてもらえばよいらしい。素人とバレタ。

たしかにおいしいかった。

チータンタンもいい。

でも麻薬のような禁断症状はでない。

お店にも「3回食べてから判断していください」とある。

もう少し通わないといけない。

ものすごく小さいお店なのであまり有名になって欲しくない。

小山薫堂さん、あまり宣伝しないでね。

|

« 農政事務所とはいったい何なのか | トップページ | お前の神経は死んでいる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/42505734

この記事へのトラックバック一覧です: じゃじゃ麺がまだわかりません:

« 農政事務所とはいったい何なのか | トップページ | お前の神経は死んでいる »