« 本当の厚木とは | トップページ | じゃじゃ麺がまだわかりません »

2008年9月16日 (火)

農政事務所とはいったい何なのか

三笠フーズが大阪農政事務所の課長を接待していた話。

いったい農政事務所とは何なのか。

つい最近までコメは米穀通帳がないと買えませんでした。

もちろんそれは建前で、誰も持っていないし、持ってなくても買えます。

でも法律上はそうなっていたわけです。

その行政は食糧事務所というところがやっていました。

農水省の出先機関で全国各地にあって大量の公務員を雇っていたのです。

やっている仕事は稲作の生育状況とかを調査するだけ。

もちろんリストラ対象。

食糧庁自体が廃止されました。

そうはいっても公務員は解雇できないので農水省直轄の農政事務所と名前を変えてゾンビのように生き残っているわけです。

業務は消費・安全事務、食糧事務、統計事務という建前。

公務員は相変わらず。

何にもしないけど給料だけはもらっている人たち。

9時5時で一千万円超。

僕の友達にもいるから間違いない。

ゴルフ、つり、陶芸なんかやっている。

何か他のこともできないし、やる気もない。

コメの安全とかいっても何もするわけないじゃないですか。

この事件で農政事務所が忙しくなったら皮肉だね。

「俺達もやっと日の目を浴びることになった」とね。

よくある公務員のマッチポンプね。

こういう人たちの給料に税金が使われているのです。

全く役に立たないのは分かっているけど農政事務所廃止なんて言っちゃダメよ。

だって無くなったって何もしない人が別の部署に紛れ込むだけなんだから。

これまでもこれからも。

|

« 本当の厚木とは | トップページ | じゃじゃ麺がまだわかりません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/42494037

この記事へのトラックバック一覧です: 農政事務所とはいったい何なのか:

« 本当の厚木とは | トップページ | じゃじゃ麺がまだわかりません »