« ノーベル賞の日本人 | トップページ | やっぱりリサイクルって偽善なんだよなあ »

2008年10月10日 (金)

金融危機の遠因は日本なんです

アメリカ発の金融危機。

たしかにサブプライムローン問題が発端。

「対岸の火事」「アメリカが原因」「マネーゲームに巻き込まれた」「腐った福袋だとわかった」「証券化が悪い」「金融工学がいかん」「資本主義の終焉」「ほらみたことか市場原理主義」

「日本は得意のものづくり」「日本の製造業は力があるから大丈夫」

えー本当にそう思っているの?

ウソでしょ。

日本の低金利と量的緩和がまわり回ってアメリカの住宅に流れ込んだ。

世界的なカネ余り。

円安政策で日本の輸出企業は楽々業績を上げてきて、それが元に戻っただけなのに。

間違いなく円高は進む。というかまともな水準(75円くらい)になる。

円ドルレートじゃなくてむしろ対ユーロなどが調整されるでしょう。

最悪なドル暴落のシナリオもあり。

そうすると楽していたトヨタ、キャノン、JFEなど輸出型企業の業績は悪化。

海外に移転するしかない。

下請け企業もついていかないと。

これは延命措置が尽きたと考えるべき。

いわゆる「円高不況」だけどプラザ合意以後のような感じ。

日経平均は7600円まで行かないと気が済まないでしょう。

そうすると含みはなくなるから生保は2つくらいつぶれる。

困るのは地銀。

投資先のない彼らはリスキーな投資を行っていたはず。

もし地銀がつぶれてしまうとその地域は大変。

まあ悪いことだけじゃなくて、内需型企業の時代がきます。

そのためには規制緩和が必要。

そうすればバブル景気くらいには復活可能。

とくに日本のお年寄りは世界一お金持ちだし。

もっと使ってください。

相続税率高くしちゃうぞ。

|

« ノーベル賞の日本人 | トップページ | やっぱりリサイクルって偽善なんだよなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/42746740

この記事へのトラックバック一覧です: 金融危機の遠因は日本なんです:

« ノーベル賞の日本人 | トップページ | やっぱりリサイクルって偽善なんだよなあ »