« 何故僕はレシートをもらうか | トップページ | 蟹工船よりロールズを »

2008年10月30日 (木)

FXのほうが危ない

本屋さんに行ったらFX入門のようなコーナーがあってすごい量出てました。

外国為替証拠金取引。

ここ数年人気になってきたのです。

もちろんミエミエな円安誘導ですからドルを買っておけば儲かる。

しかもスワップポイントがつく。

これは高金利のアメリカと低金利政策の日本の超低金利の金利差がもらえること。

つまりここ数年に始めたのなら素人でも儲かった。

しかもハイレバレッジなのですごい儲かる。

連日、FXによる脱税が話題になりました。

ミセス・ワタナベという架空の主婦が有名になったのは去年です。

これで素人が「普通の人でもやたら儲かるらしい」と飛びついたのです。

もっとも先物取引なのでハイリスク・ハイリターンなのは当然。

このビジネスの成功の第一条件は「外国為替証拠金取引」と先物の文字が入っていなかったこと。

『通貨証拠金取引』、『外国為替保証金取引』、『~FX』などなど

FはForeignではなくてFutureの略と考えた方がいい。

単なるギャンブル。

リスクヘッジ手段でやっているわけでもなし。

為替取引ってプロでも難しいのに。

ゼロサム・ゲームだから勝ったり負けたり。

たまたま連勝する人が出ると成功本を書いたりするからこれを鵜呑みにする人も出やすい。

円高が進めばこれまでのようにはいきません。

海外の金利も急速に低下してしまったので、スワップ・ポイントもつきません。

まったくの野放し状態だったのですが、金融商品取引法で強化されてきたので、指導されたり廃業する業者も出てくるでしょうな。

こういう取引ばっかりやっているようじゃあ終わりだね。

破産者も出てくる。

それで業者を訴えるんでしょ。

何やってんだかね。

|

« 何故僕はレシートをもらうか | トップページ | 蟹工船よりロールズを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/42957313

この記事へのトラックバック一覧です: FXのほうが危ない:

« 何故僕はレシートをもらうか | トップページ | 蟹工船よりロールズを »