« 水郡線には日本の原風景が続いていました | トップページ | ノーベル経済学賞は半分当たったという事にしてね »

2008年10月13日 (月)

生命科学研究に宗教観は影響するのか

ノーベル化学賞を受賞した下村脩先生。

ちょっと気になったこと。

受賞が決まったときのコメント。

「発見は非常にラッキーなこと。わたしは神を信じないが、天の導きだと思った。ノーベル賞も同じだ」。 

わざわざ「神を信じない」などとコメントしたのが気になっていました。

無神論を怖がるアメリカ人(神を信じないのは共産主義者と考えるらしい)。

進化論さえも否定する人たちも少なくない。

有名な「スコープス裁判(1925年)」。いわゆるモンキー裁判です。

進化論を教えた高校教師が訴えられた。

当時テネシー州では公立学校で進化論を教えてはいけないという法律がありました(この法律は1976年まで有効に存在していた)。

自然淘汰を信じているのは4分の1にすぎない。

進化自体は認めても「神の意志」が入らないとは考えられないのです。

9割の人は神の存在を信じていて無神論者は8%だけ。

天地創造を信じているのは4割をこえ、8割の人は死後の世界を信じています。

以上は飯山雅史著「アメリカの宗教右派」(中公新書2008年)。

そうすると生命科学や生物学の研究者というのはアメリカ人には少ないのでしょうか?

8%の中で研究者が生まれればいいですが、相対的に手薄になりそう。

神を信じながらも、それはそれで生命科学を探究する人もいるかも。

でも神の手によって導いたとなるとどうしても論文に現われてしまうのでは。

生命だけでなくてビッグバンとか物理学だって聖書と矛盾してしまう。

聖書が地球の年齢を数千年としていることと違いますしね。

下村先生もアメリカで研究や生活していてここらへんで御苦労もあったのでしょう。

ただし、競争では無神論者の日本人が有利に働くのかもしれません。

ES細胞研究もブッシュが「命の始まりを破壊する」と拒否権を発動したくらい。

しかも理工系の場合、英語も不利になりませんし。

逆に文学賞とか経済学賞は不利かもね。

でも宗教右派に入る福音派の知的エリート派を代表するのはヒトゲノム計画のリーダーフランシス・コリンズ博士ですからそう簡単な話にならないところ。

もともと無神論者でしたが医師として活動するうちに有神論進化論(ビッグバンの際には神に意図されて設計されていたけど、その後か神の介在はなく進化論で発展してきた)の立場になったそうです。

ところでついでに2つ。

アメリカの保守と、ヨーロッパの保守の感じが違うと思うあなた。

それはいい勘している。

ヨーロッパでは君主制や暴君の権力を擁護する側が保守、それを制限するのが自由主義(つまり本来のリベラリズム)

このようにヨーロッパの守るべきものは君主制や封建制であったわけですが、それに反抗してできたアメリカには君主制などはそもそもありません。

アメリカでは何を守るかというとヨーロッパになかった自由主義の伝統になります。

あるいは自由放任主義までつながっていきます。

これが保守(コンサバティブ)であります。

だから逆なんです。

ただし人によって関心が異なるので、社会的保守、財政保守、小さな政府、経済自由主義などの立場があります。

日本の場合の保守というのは自民党55年体制を守るということでしょうか?

それとも天皇制?

アメリカ人の自由主義、保守主義に対する根強いこだわりはすごいと思います。

昨日マイケル・ムーアの「シッコ」を観ていたら国民皆保険に反対する議員(それはリベラルとか社会主義だとか余計なお世話とか甘やかし過ぎとか)の多さにへきへきさせられました。

もうひとつ。

フリースクール、ホームスクールってありますよね。

日本の場合、いじめなどで不登校者を救う場になっているようです。

アメリカのホームスクールは宗教的にリベラルすぎる公立教育に背を向けて家で教えることで、ほとんどが福音派のプロテスタントの親です。

彼らは学校での祈り、聖書朗読、進化論に代わる天地創造などを要求してきています。

何しろ連邦政府が教育に口を出すのはもってのほかと考える人が宗派によらず多いのもすごい。

そういえばアメリカの教育省なんて存在感ゼロだしね(やっとカーター時代に創設された)。

「創造科学」「インテリジェント・デザイン」などという科目はそういう宗教科目がわからないような名前になっています。

まあ日本のマルクス経済学者が「経済史」「社会経済学」「社会思想史」あるいは環境経済とか開発経済、進化経済学のような名称で隠れているのと同じかな。

|

« 水郡線には日本の原風景が続いていました | トップページ | ノーベル経済学賞は半分当たったという事にしてね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/42778552

この記事へのトラックバック一覧です: 生命科学研究に宗教観は影響するのか:

« 水郡線には日本の原風景が続いていました | トップページ | ノーベル経済学賞は半分当たったという事にしてね »