« 赤十字の救急法を学ぶ | トップページ | 学校法人という隠れた世襲 »

2008年11月27日 (木)

おばさんの有りがた迷惑

投書欄で笑った。

バスの中で飴を詰まらせた孫が助かった話。

それに対して年配のおばさん方に飴をくれないで欲しいというお母さんからの投書。

突如、子供の口に入れられたこともあるらしい。

たしかに子供といると見知らぬおばさんが飴やらガムやらくれる。

喜ぶと思っているようだ。

何かあげると声をかけやすいと思うのかもしれない。

おじさんも同じ。思い出した。

初詣で小さな神社に行くとミカンを「持ってけ、持ってけ、遠慮するな」とやたらくれる。

いらない。

正直迷惑とすら思うのですが。

昔の子供だったら喜んだのかもしれないけど。

僕はもう大人。

登山のときも書いたけど、子供に「がんばってるねえ」「いくつう?」とか声をかけてくれる。

彼はいちいち答えるのも辛くなるそうでした。

まあ、面と向かって言えないので笑ってごまかしてきましたが。

そういう意味ではこの投書の主はすごいなあ。

はっきり言ったほうがいいかもね。

|

« 赤十字の救急法を学ぶ | トップページ | 学校法人という隠れた世襲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/43248641

この記事へのトラックバック一覧です: おばさんの有りがた迷惑:

« 赤十字の救急法を学ぶ | トップページ | 学校法人という隠れた世襲 »