« ビリー・ジョーはイメージに飽きたんだと思う | トップページ | 自分らしく、夢を追う、やりたいこと、感動をありがとう、ポジティブ・シンキング »

2008年11月20日 (木)

駒沢大学だけじゃないデリバティブ失敗

駒沢大学がデリバティブ取引で失敗して156億円の損失を出したという記事が出ました。

最初ちょっと驚いたのは、他の大学でもっと大きい失敗があるのにどうして駒沢だけ出るの?という点。

たとえば学校法人としての慶応は、運用資産1000億円で、3月末時点で226億円の失敗を出しています。

これは文系の学生約2万人超の年間学費に相当します。

早稲田の方は,運用資産は1000億円で3月末の評価損は5億円。

3月から現時点までの間に損失は膨らんでいるとしています。

慶応の方は、「評価損は増えていない」とコメントしていますが、そんなこと無いと思います。

駒沢大学の想定元本は約100億円ですから、慶応・早稲田のほうは10倍(ただし、すべてがデリバティブというわけではない。しかも想定元本というのは投資額ではないし、比較はできない)。

東京大学は10月末時点で保有している有価証券は800億円。満期まで保有するので損失は出ないと言います(ブルームバーグ記事より)。

朝日新聞によると、05年の集計で全国約650の大学・短大のうち少なくとも75大学がデリバティブ取引をやっているそう。

少子化などで大学経営が厳しくなっているのが背景にあるとのこと。

今回、駒沢大学の記事が大きく出たのは、損失を「確定」したこと。

これ以上の損は耐えられないとあわてて判断したのでしょう。

それから投資内容もリスキーな「通貨金利スワップ」で、外資系金融機関に乗せられてギャンブルしたようなものという点。

経営学部や経済学部の先生が、投資運用したわけでもないのに、「何やっている」と批判めいたコメントをされるのはかわいそう。

笑いネタにされるようじゃあ、将来の学生募集に影響するのは必至。

ただでさえ少子化で大変なのに。

一方、慶応や早稲田はあくまで含み損、評価損ということで確定していないからそれほど話題にならないのでしょう。

でも金融の悪化で損失は膨らむと考えて間違いないでしょう。

確定するのが怖いのでしょうが、デリバティブでは満期があるので、普通の株式や不動産投資と違って塩漬けすればいいというものじゃない。

東大の場合は、満期のない投信とリスクヘッジ手段としての運用で、満期まで待てば予定通りの価格で手じまいされるので、たとえ損失があっても利益と相殺されると見込んで評価損という処理しないということでしょう。

そのうち有名大学倒産が見られるかも。

駒沢の先生もそうなったほうが批判が薄れる。

結果的に「確定」したので被害は食い止めた英断になるかもよ。

こっちのほうが経営の意思決定としては大事。

|

« ビリー・ジョーはイメージに飽きたんだと思う | トップページ | 自分らしく、夢を追う、やりたいこと、感動をありがとう、ポジティブ・シンキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/43171634

この記事へのトラックバック一覧です: 駒沢大学だけじゃないデリバティブ失敗:

« ビリー・ジョーはイメージに飽きたんだと思う | トップページ | 自分らしく、夢を追う、やりたいこと、感動をありがとう、ポジティブ・シンキング »