« 上毛線と上越線 | トップページ | 都立母子保健院の廃止を強行した石原都知事 »

2008年11月 4日 (火)

医学部の定員増やしてもダメだよね

産科の受け入れ拒否の問題。

医学部の定員を増やしてもダメだよねえ。

実際、ここ数年増えている。

産科とか麻酔科とか仕事が大変な専門になる医者の卵がいない。

皮膚科、眼科、形成外科とかに行きたがるらしい。

どうしたら産科になってもらえるか。

まあ多額の給料を払うしかないでしょうねえ。

そうすればだんだん増えてきて、少しは時間的に楽になるかもしれない。

あとは訴訟リスクだけど、税理士なんかは訴訟保険に入っている。

やはりそういう保険をつくって入ってもらうしかない。

上記のことは弁護士さんにもいえる。

いくら増やしてもゼロワン地区に来てもらえるか。

来ないと思う。

これは報酬だけでなくて専門家は高度な知識や経験に飢えている。

時間がないとか情報がない、良い上司や切磋琢磨がないのは致命的。

無理やり連れてくるのもねえ。

まあ増やせばいいってもんじゃないのは確か。

|

« 上毛線と上越線 | トップページ | 都立母子保健院の廃止を強行した石原都知事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/43014054

この記事へのトラックバック一覧です: 医学部の定員増やしてもダメだよね:

« 上毛線と上越線 | トップページ | 都立母子保健院の廃止を強行した石原都知事 »