« 代理ミュンヒハウゼン症候群 | トップページ | 白河はみちのくの玄関口だった »

2008年12月26日 (金)

社会鍋は本当にナベだった

帰省の切符を買いました。

千円ほど安かった。

駅の外に出たらちょうど社会鍋の人が立っていました。

それで千円を鍋に入れました。

本当に鍋の形してるんです。

神保町に行くと救世軍の立派なビルがあります。

杉並の和田にある救世軍バザーにもお世話になりました。

軍っていうと身構えてしまいますが、もともとメソジスト系の教会でボランティア活動に定評があります。

社会鍋なんていうともっと変なイメージですが、ちゃんとした団体です。

日本では1909年に失業対策として街頭募金を始めたそうです。

まあ今年はそういう気になりますよね。

気がつくとその隣にいくつか募金を募っています。

ユニセフって書いている中学生風の3人と目が合ってしまったので少し入れました。

立川第七中学校のみんなのようです。

|

« 代理ミュンヒハウゼン症候群 | トップページ | 白河はみちのくの玄関口だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/43537836

この記事へのトラックバック一覧です: 社会鍋は本当にナベだった:

« 代理ミュンヒハウゼン症候群 | トップページ | 白河はみちのくの玄関口だった »