« 刑事コロンボを全部観たい | トップページ | かんぽの宿1万円が正しい理由 »

2009年1月28日 (水)

甲高で「ばんびろ」か「だんびろ」か

オリラジの番組で靴のポップに「甲高幅広」と書いてあるのが映りました。

母親(山梨)が「お父さんの足は、『こうだかばんびろ』だから」と言うことがありました。

「こうだか」というのは甲が高いというのはわかる。

問題は「ばんびろ」。

意味を聞くと「足先の幅が広い」ということらしい。

「甲高幅広」は日本人の典型的な形で、欧米で靴を買っても履けないことがあります。

ということは「幅広」は、なまって「ばんびろ」になったということなのか。

まさか「幅広」を「バンビロ」とは直接は読まないとは思うけど。

ネットで調べると「だんびろ」という地域もあるようです。

こっちは高いと広いの順番が逆になって「だんびろ甲高」とか、「だんびろと甲高はいっしょに使わない」とかあるようです。

この語源は「段広」「段平」とか説がある。

グーグルで「甲高 ばんびろ」と入れたら「もしかして 甲高 だんびろ」と出てしまった。

「だんびろ」のほうがポピュラーなのか。

辞書には載っていない話でした。

|

« 刑事コロンボを全部観たい | トップページ | かんぽの宿1万円が正しい理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/43880977

この記事へのトラックバック一覧です: 甲高で「ばんびろ」か「だんびろ」か:

« 刑事コロンボを全部観たい | トップページ | かんぽの宿1万円が正しい理由 »