« 犯罪土建会社こそ上場廃止に | トップページ | コメントしないコメンテーターを許そう »

2009年4月 8日 (水)

結核の保菌者って問題ないのか

肺結核が話題になっています。

発病の話は説明してくれるんだけど、肝心なことは教えてくれない。

つまり、発病前の保菌者のこと。

菌があること自体は問題ないのか。

「保菌者からは移らないのか」

「菌をなくすことはしないのか。する必要がないのか、それともできないのか」

という疑問です。

素人なのでちゃんと調べていなくて何ですが。

ハリセンボンの相方春菜はまずレントゲンで発病していないことを確認し、さらに血液検査しました。

結核菌は空気中にいるというし、BCGは結核菌を打つわけだし、ツベルクリン反応が陽性ということは過去に保菌しているわけですよね。

もし菌があるとすればデトックスみたいに出さなくてもいいのか。

保菌者の1割が発症するといわれると、そのままにするのはどうかと思ってしまいます。

BCGやっていても効果は80%程度らしいけど。

調べればわかるんだろうけどワイドショーでやってくれないので書きました。

何でだろう?

|

« 犯罪土建会社こそ上場廃止に | トップページ | コメントしないコメンテーターを許そう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/44607941

この記事へのトラックバック一覧です: 結核の保菌者って問題ないのか:

« 犯罪土建会社こそ上場廃止に | トップページ | コメントしないコメンテーターを許そう »