« 教科書で儲けるやつがいる | トップページ | 県境の謎を行く »

2009年4月13日 (月)

情報戦に手を貸すメディア

北朝鮮からの飛翔体の事件でわかるわけですが、日本は平和です。

テレビで専門家や政治家があーでもないこうでもないと議論しています。

ここに落ちたらまずいとか、配備できていないとか、届かないとか。

あれどうなんでしょうか?

将軍様は日本のテレビはチェックしているはず。

「あーこう思っているのかあ。じゃあ明日にすっかな」とか。

この懸念について、やはり問題があることがわかりました。

それは昨年11月のムンバイでのテロ事件です。

立てこもりを生放送し続けたメディアに批判されいます。

実際、パキスタン側にいた犯人グループはテレビを見ながら衛星電話で指示していました。

つまりテレビによって被害が拡大したのです。

自由社会は情報戦には弱いかもしれないけど、敵に情報を与えすぎるのはどうかと思う。

|

« 教科書で儲けるやつがいる | トップページ | 県境の謎を行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/44645064

この記事へのトラックバック一覧です: 情報戦に手を貸すメディア:

« 教科書で儲けるやつがいる | トップページ | 県境の謎を行く »