« 久米島よさようなら | トップページ | 離島で思い出した玄界灘の沖ノ島のこと »

2009年4月 5日 (日)

台湾にある日本

さっきやっていたNHK特集を興味深く観ました。

一等国を目指していた日本が台湾を植民地化し同化政策をとったドキュメンタリー。

八重山など先島諸島の海があれだけきれいだとすると台湾はどうだろう?と思いました。

調べたところビーチはそれほどでもなく、やはり沖縄は頭抜けているようです。

そしてちょうど旅行中に読んでいた本。

片倉佳史著「台湾に生きている『日本』」(祥伝社新書)

あまりにタイムリーでした。

番組の中で当時の学生が差別にあったことを話す場面。

「一等が本土、二等が琉球人、三等が台湾人。バカにしやがって」と。

年配の方々は日本語を話すし教育勅語もスラスラ。

教育というのは怖いものです。

|

« 久米島よさようなら | トップページ | 離島で思い出した玄界灘の沖ノ島のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/44579698

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾にある日本:

« 久米島よさようなら | トップページ | 離島で思い出した玄界灘の沖ノ島のこと »