« アナーキー・イン・山梨 | トップページ | 敵は揺れか雨か »

2009年5月30日 (土)

名誉町民のブランド

僕が子供のとき突如町に名誉町民が現れた。

なんでも町に多額の寄付をしたらしい。

それで急遽、名誉町民制度を創ったわけ。

その人は加賀美勝という人。

八代町の町内報に写真がたびたび載りました。

新菱冷熱工業という会社の社長らしい。

その当時、長者番付(高額納税者)に名を連ねていました。

そこで生まれた故郷に錦を飾ったというわけ。

この会社は空調設備をやっている。

会社名からは三菱系に見えるけど直系ではなく三菱重工の下請けみたいな会社。

うまく三菱に取り込んだのが本当のところ。

今、株の一部を重工に持ってもらって関連会社になっているけど、加賀美家の資産管理会社の㈱加賀美も株をたくさんもっています。

創業家にありがち。

現在も会長は加賀美郷。

非上場で銀行嫌い。

ガバナンスや経営者チェック機能に問題アリの典型的な同族&オーナー会社。

山梨で加賀美といえば甲斐源氏のように見えるけど実はそうでもない。

社章には三階菱を使っているのもご愛敬。

どうもこういうブランドとか名にこだわる人のようだ。

山梨で土建関係となれば政治と黒いカネに当然関連します。

加賀美氏も小さな政商のように振る舞いました。

甲州財閥をきどったのか、関係ない横浜MMの開発でも顔を出しています。

若草町(現在は南アルプス市)にある法善寺には、かつて甲斐源氏の加賀美遠光の館があったそう。

それで加賀美氏は不動明王のためのカネを寄進しました。

何故か死後ですが。

成功者にありがちですが、自分のルーツを探して名家であることを知りたがります。

たいていそうでもないことがわかってガッカリ。

それなりの地位もカネもできると名誉と家柄など欲しくなります。

それで昔は家系図などをねつ造することも多かった。

加賀美氏も晩年に甲斐源氏に関連するお寺に入ることを熱望したそうですが、断られたそうです。

そういうのが好きなんですね。

ブランド好きの女の人みたい。

|

« アナーキー・イン・山梨 | トップページ | 敵は揺れか雨か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/45178987

この記事へのトラックバック一覧です: 名誉町民のブランド:

« アナーキー・イン・山梨 | トップページ | 敵は揺れか雨か »