« 荒野の七人 | トップページ | 総裁やっちゃダメでしょう »

2009年6月22日 (月)

セブン加盟店の言い分は変です

セブンイレブンの弁当の見切り販売について排除命令がでたそうです。

賞味期限間近で廃棄していたものを安く売る加盟店が出てきました。

「もったいない」「消費者は賛同してくれている」という言い分です。

もっとも廃棄コストは加盟店の負担ということで、本部との取りあいというのが本当のところ。

だから売上は減っても加盟店の利益は増える。

それを環境問題なんかにすり替えているようです。

セブンの強みは本部のマーケティング能力であって加盟店は経営などしていない。

最悪の価格競争から免れているのもセブンの力とブランドです。

7-11という名前からわかるとおり、開いててよかった安心・迅速、どこも同じ価格と新鮮な品質というコンビニエンスの本質を忘れてはいけない。

むかしのよろづ屋とは違うのです。

もちろんスーパーとも百貨店とも違う。

売っているのは時間と便利さであって安売りでもないし巨大な売り場でもない。

POSなどによるデータのコンピュータ統計処理にこそがよりどころであり差別化で優位性。

だから廃棄コストや環境については、社長も言うとおり環境変数を加えた分析と徹底にあるわけです。

それを何も知らない加盟店主の独断で価格を設定するなどもってのほか。

何を考えているのだ、と思う。

自ら価格競争に巻き込まれていくなど、本当の経営をやったことがない甘い考え。その苦しさを知らないのです。

もしかして「いいから言われたことだけやっていらばいい」などと"指導”され、いつも言いなりの本部にちょっと言ってやろうという気持ちなのかもしれない。

本気で正しいと思っているなら、その近視眼性は消費者にとっても迷惑なことになる。

僕たち消費者は加盟店の判断なんかに期待していない。

ただ、加盟店のコスト転嫁と消費者の目先の安すさの利害が一致したように見えただけです。

加盟店が不満があるなら、廃棄コストの一部を本部に負担してもらうか、ロイヤリティを下げるように要請するべき。

その場合でも「夫婦で働いても40万円にしかならない」というのは、全店にほぼ当てはまる話なのか立地なのか、他のフランチャイズとの比較でどうなのか、他の仕事をした時と比べてどうなのか、という点を言わないと文句も言えないと思います。

今回の公正取引委員会の排除命令も変です。

本部に優越的地位があるのはあたりまえ。対等であるはずがない。

それを利用しての乱用と言えるのはビジネスモデルの否定であって、廃棄の量が多いかどうかで乱用と決めつけるのは変。そういう契約をしているのですから。

本部のほうもビジネスモデルを守ろうと少し柔軟性に欠けると思います。

お客の情報を肌でつかんでいるのはお店なのだし、もっと意見を吸い上げることに力を入れればいいと思います。

僕たち消費者にも責任はあるとも言えます。

中食として限りなく外食に近い品質を要求しているのは僕たちです。

その陰で大量の弁当が捨てられているのはウスウス知っていたはずです。

それをセブン本部がけしからんとかいうのはどうかと思います。

|

« 荒野の七人 | トップページ | 総裁やっちゃダメでしょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/45423289

この記事へのトラックバック一覧です: セブン加盟店の言い分は変です:

« 荒野の七人 | トップページ | 総裁やっちゃダメでしょう »