« 諏訪の方々に | トップページ | 日比谷公園の不思議 »

2009年6月19日 (金)

日本語は最後までしゃべらないと

若い人に多いのですが、

お話の最後のほうで声が小さくなって聞こえません。

それよりひどいのは最後までしゃべらない人も多い。

「ですが・・・」

待てど暮らせど次が来ない。

ズルっとくる。

「で、どうなったということ?」「で、私がどうしろっていうこと?」

だから何なんだよ。

日本語は後ろが大切なんだよ、などとお願いする。

小学生の低学年で注意されるのといっしょ。

先日も牛乳だかのセールス。

インターフォンごしに「サンプルをお持ちしたのですが・・・」

で、僕にどうしろということ?

「いやなら帰ります」「後で飲んでみてください」「ドアのところに来てください」

どれなのか?

「で、何ですか?」

「・・・」

反応なし。それっきり。

何なの?

|

« 諏訪の方々に | トップページ | 日比谷公園の不思議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/45389861

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語は最後までしゃべらないと:

« 諏訪の方々に | トップページ | 日比谷公園の不思議 »