« 新ビジネス耳かきサロン | トップページ | 上高地を弾丸で »

2009年6月12日 (金)

会社に知られず副業の申告をする方法

不景気とボーナスカット、賃上げ期待できず、ヘタするとリストラ失業。

副業したい気持ちもわかります。

他で収入を得ると3月に申告して納税しないといけません。

確定申告は簡単です。源泉徴収票を用意してネットでそのまま入力してゆけば作成完了。

これを税務署に源泉徴収票の原本と共に持っていけば終わり。

年末調整してあっても、さらに副業分を調整することになります。還ってくることもあれば支払うこともあります。

それから住民税は6月から始まります。

副業が12月までで20万円未満であれば確定申告しなくてもいいのですが、住民税は別なにので6月に通知書・納付書がきます。4回分納です。

今後はどうするか、来年は20万円超えそう、会社に知られたらまずい、と思うでしょう。

会社にバレたくなければ、確定申告のときに「特別徴収」ではなくて「普通徴収」のほうをチェックしておいてください。そうすれば初回と同じく6月に住民税の通知書・納付書が来ます。

自分の銀行口座から引き落としにしておいても会社の話とは関係ありません。

バレても問題ない場合には「特別徴収」にすれば本業といっしょに住民税を天引きしてくれます。

同じ問題は基本的に年金も同じですが、これは自分で調べてね。

|

« 新ビジネス耳かきサロン | トップページ | 上高地を弾丸で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/45320002

この記事へのトラックバック一覧です: 会社に知られず副業の申告をする方法:

« 新ビジネス耳かきサロン | トップページ | 上高地を弾丸で »