« モグラの土合駅は土砂降りでした | トップページ | 航空行政にみる共倒れの発想 »

2009年10月12日 (月)

土砂降りの谷川岳を登る

(つづき)

天神峠は1502m

雨は止まない。

しょうがないのでお弁当を食べる。

行けるところまで行ってみることにする。

ちょうど12時。

降りる感じなんだけど、これはあまり良くなかった。ロープウェイの天神平から来ればよかった。

熊穴沢小屋からが崖の岩場もあって結構大変。

天狗のトマリ場という大岩で休む。

少し晴れ間も見えてきました。

山がきれい。遠くまで見える。Dsc_0063a

それでもっと行くことにしました。

ところがクサリ場もあるしで苦労しました。

雨で滑って大変。息も苦しい。

頂上のほうは全然見えない。いつになったら着くのか。

それでも肩ノ小屋を過ぎる。

霧もすごくて周りが見えない、ひょうのようなものも落ちてくる。風もすごくて寒い。

やっとトマノ耳(1963m)まで到着。14時20分。Dsc_0072a

写真を撮るのが精一杯。

降り始めると何か変。

どうも道が違うようだ。

でもよく見えない。

人影があったので大声で聞いてみるとやはり違うとのこと。

少し戻って事なきを得ました。

危なかった。

下りはドロドロで滑って怖かった。

なんとか天神平まで戻ってほっとしました。Dsc_0078a Dsc_0084a

この辺は紅葉も見れていい。

泥だらけで、これじゃあ電車も乗れない。

水道で落してビショビショになった。

ロープウェイの土合口駅に16時40分。

すぐバスに乗って水上まで帰りました。

山は怖い。

良く調べて行こう。

|

« モグラの土合駅は土砂降りでした | トップページ | 航空行政にみる共倒れの発想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/46467118

この記事へのトラックバック一覧です: 土砂降りの谷川岳を登る:

« モグラの土合駅は土砂降りでした | トップページ | 航空行政にみる共倒れの発想 »