« 土砂降りの谷川岳を登る | トップページ | 怪しいお墨付きと箔付け »

2009年10月13日 (火)

航空行政にみる共倒れの発想

前原大臣の羽田空港のハブ化に賛成します。

それにしても、こんな話は20年も前から「仁川やチャンギに負ける」と言われていて、いったい何をしていたのでしょうか?

完全に失政ですね。

それで99もの小さくて不便な空港を造っている。

そんなのがんばったってダメに決まっている。

一番(ハブ)で勝負して、地方はそれにスポークでくっつくんだから。

東京が負けたら全部負け。

グローバルな視点と戦略無き行政とはこのこと。

もしかしたら他の分野も同じことが言えるかも。

教育でトップの研究大学とか産業でもグローバルに勝てる地域とか都市間競争で勝てるのは東京だとか。

ところが「均衡ある国土発展」とか「地方を切り捨てるのか」みたいな偏狭で近視眼的な意見に屈伏する政治があった。

そろそろ大きい眼でお願いしますよ。

そうしないと共倒れですよ。

|

« 土砂降りの谷川岳を登る | トップページ | 怪しいお墨付きと箔付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/46474577

この記事へのトラックバック一覧です: 航空行政にみる共倒れの発想:

« 土砂降りの谷川岳を登る | トップページ | 怪しいお墨付きと箔付け »