« 医者ばかりになって | トップページ | 学問学学 »

2009年12月28日 (月)

一票の格差問題

このブログでもしつこく一票の格差の問題を取り上げています。

それで画期的な判決が出ました。

2倍でも違憲という高裁判決。

最高裁でも違憲として欲しい。

でも「2倍ならいい」というのも変な話。1でなければならないはず。

これで選挙区の範囲が広がる県が出る。

議員定数は増やすどころか減らす時代。

そうなると鳥取とか高知とか人口の少ないところは1県で1人出せず、お隣の県といっしょになるかもしれん。

やはり道州制で大きい枠をつくらないと。

ところで夏の衆院選に伴う判事の信任投票。

これでNWに×を付けるように書きました。

そのWである涌井さんはこの判決を聞かずして先ごろ亡くなられました。

なんたって不信任第一位ですからダメージは大きかったと思う。

投票の後の全面新聞広告でも一位を強調されてしまいました。

今回の判決がその影響だとしたら運動は成功だったと言えましょう。

|

« 医者ばかりになって | トップページ | 学問学学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/47139493

この記事へのトラックバック一覧です: 一票の格差問題:

« 医者ばかりになって | トップページ | 学問学学 »