« スパコン見直し | トップページ | 官公庁のシステムゼネコンは無駄 »

2009年12月 1日 (火)

ゴミマンションの謎

ゴミ屋敷というのがあります。

この住人に調査してみるといろいろな理由があるようです。

僕は精神の病とか性格の問題が根本にあって、それに何かのきっかけでそうなると単純に思っていました。

最近知られてきたのがゴミマンション。

ゴミ屋敷と同じく足の踏み場どころか空間を埋め尽くすゴミがあるそう。

数も屋敷よりもはるかに多い。

昔はどちらもほとんどなかったはずです。

そう考えるといろいろな理由というのも変な話。

やっぱり時代に影響されたものとしか思えない。

それも日本独特の。(海外じゃあ聞いたことないもんね)

それが何なのかさっぱり思いつかない。

でも何か共通の精神状況というものはあるのかも。

不思議だ。

もしかしたらウツ病にも同じことが言えるかもしれない。

それとも実は昔からあったのだろうか?

|

« スパコン見直し | トップページ | 官公庁のシステムゼネコンは無駄 »

コメント

始めまして。通りすがりのものです。海外にも、結構そういうう人はいますよ。英語ではHoarder (ホーダー)と呼ばれる人達です。過去のトラウマ等のせいで物質への依存が強すぎて、物(食べ物のゴミ等も含めて)を捨てられない人々。これはやっぱりある種の強迫傷害なんでしょうね。(潔癖症みたいな。) Youtubeで「Hoarders」「Hoardering」と検索すると、海外のゴミ屋敷が見れますよ。とにかく、日本だけの現象ではないよ。

投稿: MMeow | 2009年12月 2日 (水) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/46911738

この記事へのトラックバック一覧です: ゴミマンションの謎:

« スパコン見直し | トップページ | 官公庁のシステムゼネコンは無駄 »