« 薄着の人がいるよね | トップページ | 山形が北欧にみえてきた »

2009年12月12日 (土)

山形には近代建築が残っていた

結構変な県であることがわかったきた山形県。

山形市に来ています。

変わっているうえに、近代建築も残っている。

山梨と同じく擬洋風建築がたくさん建てられことは知っていました。

繁華街は大沼デパートのある通りで、やっぱりJR山形駅から離れている。Dscn0729a

断然東側が面白い。Dscn0728a Dscn0725a

町名も残っています。

来てみると有名でない建物も面白い。Dscn0732a

小ぶりで低いビルが連たんしています。

おそらく空襲でやられなかったんじゃあないかな。

道路が広いのでちょっとした外国に来たみたいです。

街をブラブラしながら見学は次のところでした。

山形県の象徴とも言うべき文翔館。Dscn0700a

国指定の重要文化財。

大正5年6月完成の英ルネッサンス様式。

設計は田原新之助。

昭和50年まで県庁でしたが今は山形県郷土館。

赤レンガの県会議事堂とは渡り廊下で結ばれています。Dscn0710a

東へ歩くと教育資料館へ。

旧山形師範学校の本館で、国指定重要文化財です。Dscn0717a

ルネッサンス様式。

中は各年代の教育関係の資料が展示されています。

古い写真が多くて関心しました。Dscn0742a

最後は、霞城町というお城の中にある旧済生館。Dscn0739a

重要文化財で山形市郷土館になっています。

三層の洋風楼建築で不思議な建物というかユーモラスというか気味悪くも見えます。

明治11年に県立病院として完成されて医学校が併設されました。

だから中は医療関係の資料が展示されています。Dscn0744a

擬洋風建物の年譜もありましたが、山梨の建築物は書いてありませんでした。

|

« 薄着の人がいるよね | トップページ | 山形が北欧にみえてきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/47055784

この記事へのトラックバック一覧です: 山形には近代建築が残っていた:

« 薄着の人がいるよね | トップページ | 山形が北欧にみえてきた »