« 時代遅れの地元出生主義 | トップページ | トイレでつい笑った »

2010年1月13日 (水)

車が入れない集落

友人から自動車が入れない集落があると聞いたことがありました。

林業用のロープで荷物を運んでいるといいます。

まさか。

この時代にどういうわけだ?と思いました。

よっぽどの山の中か。

どういうところだろうか。

行ってみたい。

10年くらい前に日テレ朝の「ズームイン朝」でもチラっと紹介されたことがありました。

もちろん山梨放送からの。

たしかロープで運ぶシーンがあったと記憶しています。

ネットで調べてみたけれどよくわからない。

放送局に電話しようと思って時間が過ぎていきました。

たしか身延町か下部町だったような気がする。

だんだん絞り込んで来た結果、下部町折門(現在は身延町)ではないかと思い始めました。

すごい山の中らしい。

行ってみよう。

正月に帰省したとき地元紙である山梨日日新聞を何気なくみていると、

3日から特集が1面に始まりました。

『やまなしふるさとの地平線2010 第1部 消えゆくムラ「折八」(身延)』

折門、八坂地区を「折八」というらしい。

4日には集落図まで載っています。

もちろん熟読。

僕が探していたまぼろしの集落なのかもしれない。

暖かくなったら訪問してみようと思いました。

|

« 時代遅れの地元出生主義 | トップページ | トイレでつい笑った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/47284779

この記事へのトラックバック一覧です: 車が入れない集落:

« 時代遅れの地元出生主義 | トップページ | トイレでつい笑った »