« 峡北、峡西を行く | トップページ | 勝沼を知る(その2 ワイン編) »

2010年1月 2日 (土)

勝沼を知る(その1)

県民でも勝沼はよく知らない。

街の中心がはっきりしないので道がよくわからない。

34号沿いの旧田中銀行周辺は調査しましたので他を見学しました。

まずは近代遺産を中心に。

最初は祝橋。Dsc_0118a_2

国の有形登録文化財で近代化産業遺産です。

初めて見たけど意外と新しい。三代目のようです。

昭和5年竣工で眼鏡橋と呼ばれるコンクリートアーチ橋です。

普段よく通る新祝橋からよく見えなかった。

次は勝沼堰堤。

要するに古いダムですね。国の有形登録文化財。

これも存在は聞いていたもののどこから入るのかがわからなかった。

古いからか滝のように自然にマッチしている。Dsc_0161a_2

周りの風景とも合っています。

氷のツララができていてきれいでした。

夏に来ようと思います。

堰堤の前にある大善寺。

ワイン寺として有名ですが国宝でもあります。

国道20号の通行量が多いので横目で見るばかり。

しかも普段は駐車料が必要だったと思う。

それで入口近くの建物しか見たことがなかった。

階段を上がると立派なお堂が出現。Dsc_0182a_2

かっこいい。

盆地の眺めも素晴らしい。

なぜ、今まで来れなかったかと考えると、国道との位置関係と建物の配置で損していることがわかりました。

一度行けば今度は大丈夫。

(つづく)

|

« 峡北、峡西を行く | トップページ | 勝沼を知る(その2 ワイン編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/47222843

この記事へのトラックバック一覧です: 勝沼を知る(その1):

« 峡北、峡西を行く | トップページ | 勝沼を知る(その2 ワイン編) »