« 原因不明の高熱 | トップページ | 大月短大こそ大切な資源だ »

2010年1月26日 (火)

どぶ板政治活動って国民をバカにしていないか?

民主党の新人議員は辻立ちのノルマがあるらしい。

地元に張り付けと。

冠婚葬祭は逃せない。

結婚式は呼ばれないと行けないけどお葬式はいくらでも行ける。

最近は結婚は少ないけど葬式は多いはず。

何しろ忙しい。地元にひんぱんに帰る。疲れる。

だから新人さんは役職にもつかせない。

たしかにお葬式に来てくれれば遺族は次の投票しようという気にはなるかもしれない。

小沢さんによるとこれで当選できるとのこと。

これを角さんから学んだとのこと。

細川さんも同じようなことを書いていた。

たしかに選挙には勝てる気がしてくる。

地元の声を聞くといえば聞こえはいい。

でもそれでいいのか?とは思わないか。

いつ政治をするのか。

政治だってますます難しくなってくる。

スピードも必要。

世の中の変化も激しい。

勉強も必要。

議論も必要。

それが田舎の人だけの話を聞いて、辻々で一方的にアウトプットだけしてどうなる。

ましてや葬式に参列して何かいい考えでも浮かぶのか?

香典が政治活動費なのか。

選挙とか政局ばかりでいいのか。

手段自体が目的化していないのか。

まあ、小沢さんにくっ付いて右向け右でいいんだからそれでいいのか。

数はチカラらしいからね。

同じ人種だと思うけど、マスコミにも「政治」「経済」の話はできなくて「政局」になるとガゼン「評論」する人出てくるよね。

こういうのこそコバンザメ商法の何者でもない。

芸能リポーターが政治家リポーターになっただけ。

自分が「ジャーナリストです」なんて恥ずかしくて言えないはず。

葬式議員やオツボネジャーナリスト(どっちも今、僕がつくった言葉だけどね)をみていると国民もバカにされたもんだと感心する。

僕だけか?

|

« 原因不明の高熱 | トップページ | 大月短大こそ大切な資源だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/47399765

この記事へのトラックバック一覧です: どぶ板政治活動って国民をバカにしていないか?:

« 原因不明の高熱 | トップページ | 大月短大こそ大切な資源だ »