« 勝沼を知る(その2 ワイン編) | トップページ | やはり牧丘は深い »

2010年1月 3日 (日)

郡内を行く

今日は郡内地方の建築物を調査します。Dsc_0189a

まず初狩駅近くの旧今井医院。

今は陶器と雑貨品店とある。

医者が出なかったのか?と心配になります。

少し行くと山本周五郎の生家。Dsc_0193a

想像以上に立派なので驚きました。

それにしても街道を歩く人が多い。

本陣の星野家や大月駅、駒橋発電所は通り過ぎて猿橋。Dsc_0201a

桂川は渓谷のよう。

僕が注目したのはその先にあるレンガ造りのトンネル風の橋。

八ツ沢発電所一号水路橋(旧東京電燈の猿橋水路橋)だそう。

こっちこそ興味ある。1912年で国の登録有形文化財。

さらに2号~4号までレンガ造りで現役です。

この近くでは旧中央線のレンガトンネルもありました(20号を東側から走ると見える)。

鳥沢駅を30号を北上して旧甲州街道を走ります。Dsc_0208a

犬目宿手前に石畳が残っているはずです。

ありました。Dsc_0217a

うれしい。

犬目宿と野田尻宿(談合坂PA辺り)から今回は中央道に沿って上野原へ向かいました。

目的は大正館という古い映画館。Dsc_0228a Dsc_0234a Dsc_0240a_2

日大明誠から歩いて探してやっと発見。

発見したときうれしかったあ。

それにしても上野原はもうすこし調査する必要があるなあ。

大月へ戻って139号を吉田方面へ。Dsc_0247a

都留の駒橋発電所落合水路橋を発見。

すごい。こんなのあったのかあ。

レンガ造の7連のアーチ。

4つは用水路と道路用になっている。

1906年造。

地図を見ると確かに駒橋発電所まで水色の線が走っている。Dsc_0250a

少し走って禾生(かせい)駅近くにある旧明治医院。

小さめだけど装飾が凝っている。

富士吉田に到着。

外国人がたくさん観光に来ているようです。

今日は富士山がきれいでよかった。

ところが僕の目的の旧外川家と宮下家がみつからない。

取り壊された?

宮下家は道の駅の歴史民俗博物館へ移転したそう。

御師の旧外川家は場所を間違っていて富士みち沿いだそう。

さらに重文の小佐野家を忘れていました。

ここら辺は再度調査せねば。

河口湖町に行って井出酒造をみる。

船津三差路の近く。Dsc_0258a Dsc_0260a

この辺りは狭い道が入り組んでいるんだけど井出家を中心に整備されている。

ゆっくり歩くといい。

だけど観光客はともかく県民は誰も知らないと思うなあ。

駆け足の調査でしたが帰りに河口湖からの景色が素晴らしかった。

御褒美かな。Dsc_0263a Dsc_0264a

おまけで付けとくね。

今年の山梨は天気は良かった。

|

« 勝沼を知る(その2 ワイン編) | トップページ | やはり牧丘は深い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/47223961

この記事へのトラックバック一覧です: 郡内を行く:

« 勝沼を知る(その2 ワイン編) | トップページ | やはり牧丘は深い »