« 勝沼を知る(その1) | トップページ | 郡内を行く »

2010年1月 2日 (土)

勝沼を知る(その2 ワイン編)

勝沼のワイン観光は祝小学校前に集合して始まります。Dsc_0131a_3

ここに「ぶどうの国文化館」があります。

その横は「ぶどうの国資料館」です。

少し歩いて「天覧葡萄宮光園」の碑があるので、以降はここを中心とします。Dsc_0135a

碑を右に曲がります。Dsc_0133a_2

そうすると古い蔵の「メルシャン葡萄酒資料館」が現れます。(夏まで休館中)

その前の庭は不思議空間です。Dsc_0143a_2

碑やら灯篭が並んでいます。

その前は大黒天印の「宮崎葡萄酒醸造所」跡の古いDsc_0144a_2門。

天覧碑の西へ歩くと何やら塚のようDsc_0138a_2なものがあって、これが「土屋龍憲セラー」

天覧碑に戻って北へ歩くDsc_0146a_2 とメルシャンワイン資料館があります。

さてここからはワイナリーを回りましょう。

日川を渡るとシャンモリです。Dsc_0148a_3

ここはフレンチ・レストランで有名です。

その反対側はアイスのシャトレーゼのワイナリー。Dsc_0149a_2

この駐車場でかつぬま朝市が開催されます。

ここから戻ります。

天覧碑の前の好立地はワイン色の蒼龍葡萄酒。Dsc_0136a_2

祝小の西側は岩崎醸造。Dsc_0154a

南側には山梨ワイン醸造。Dsc_0128a_3

ここは純和風建物が珍しい。

西へ歩くと勝沼醸造。Dsc_0152a_2

少し先を左に折れて小さな川を渡るとルミエール。Dsc_0153a

ここの住所は勝沼ではなく一宮町。

さらにバイパスを渡ると丸藤葡萄酒。

東へ歩くとまるき葡萄酒。

今回紹介しなかった中央葡萄酒、白百合醸造、マンズワイン、原茂ワイン・・・書ききれない。

周辺の塩山や山梨市などにもいいワイナリーがあります。

また今度。

|

« 勝沼を知る(その1) | トップページ | 郡内を行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/47223067

この記事へのトラックバック一覧です: 勝沼を知る(その2 ワイン編):

« 勝沼を知る(その1) | トップページ | 郡内を行く »