« 富士川で川下り | トップページ | また布袋が転んだ »

2010年2月12日 (金)

国母選手の服と伊藤会長はどっちが異様?

スノーボードの国母和宏が服装の乱れを指摘されました。

伊藤会長は、国母の服装については「異様だった。気に入らない」と怒りをあらわにした、とさ。

何がいけないの?

シャツなんてパンツの中に入れない。

ドレッドに鼻ピアス。いいじゃない。

スノーボーダーがまじめじゃツマンナイでしょ。

国民の税金が聞いてあきれる。

仕分けが怖いからポーズとっているとしか思えない。伊藤義郎会長(83!)

勝てばいい。

爺のセンスじゃわかんないか。(83!)

まさか品格とか言い出すのか?

ロス・オリンピック(1984年)の開会式で一糸乱れず固く整列して出てきて笑われたのはどの国だあ?

反省して次の大会からはリラックスするようにダラダラ入場するようになったニッポン。

伊藤義郎会長(83)=伊藤組土建名誉会長 

だいたいスキー連盟なんて会長含む理事のデタラメ改選で1月27日の判決で地位が全員否定されいる。

役員資格は70歳未満なのに会長・副会長はオーバー80。

伊藤土建はオーバー100人のリストラで経営再建中。

こっちのほうが異様だと思う。

国母もっとやれ。

|

« 富士川で川下り | トップページ | また布袋が転んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/47551481

この記事へのトラックバック一覧です: 国母選手の服と伊藤会長はどっちが異様?:

« 富士川で川下り | トップページ | また布袋が転んだ »