« ファーストからファストへ | トップページ | ネットで通常のラジオ放送が聴けるようになりました »

2010年3月24日 (水)

マスメディアが無くなる日

月曜の夜 NHK総合で討論番組がありました。

「放送記念日特集 激震マスメディア ーテレビ・新聞の未来ー」

ネットの普及で既存メディアの構造が崩れるという良くあるお話。

対立構造もわかりやすく、「おじいさん VS それより若い人」

日本新聞協会会長内山斉、日本民間放送連盟会長広瀬道貞がおじいさん。

ドワンゴ会長川上量生、ITジャーナリスト佐々木俊尚が相対的に若い方。

あとおばさん1人。学習院大学教授遠藤薫。

観る前から痛い構造ですが、実際に話がかみ合わず観ていて辛かった。

観れなかった人は、佐々木俊尚著「2011年新聞・テレビ消滅」(文春新書)を。

こりゃ大変だあと、

僕は本屋さんでパラパラ読んで、

終了。

|

« ファーストからファストへ | トップページ | ネットで通常のラジオ放送が聴けるようになりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/47901034

この記事へのトラックバック一覧です: マスメディアが無くなる日:

« ファーストからファストへ | トップページ | ネットで通常のラジオ放送が聴けるようになりました »