« 地方に巣くう保守の怖さ | トップページ | 古典を読め、らしい »

2010年4月 7日 (水)

新党こもまき、新党たまゆら

与謝野さん、平沼さんの新党名。

新党みだれ髪、新党古株、温故知新、新党たそがれ、新党立ち枯れ・・・

僕も考えてみました。

「新党こもまき」。

松の木に巻く腹巻みたいなワラのこと。

冬の間に害虫が集まる。

集まったところで火に燃やして駆除します。

青木幹雄、古賀誠とか入ってくれないかなあ。

こっちは暖かいぞう。そっちじゃ勝てないぞう。

まあ、樹木を暖かくする効果もあるみたいだけどね。

もう一つ考えたのが、

「新党たまゆら」

川端康成作で老人が第二の人生に旅に出る話。

良く考えたら一つ目の話とだぶって不謹慎に思えてボツ。

|

« 地方に巣くう保守の怖さ | トップページ | 古典を読め、らしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/48029240

この記事へのトラックバック一覧です: 新党こもまき、新党たまゆら:

« 地方に巣くう保守の怖さ | トップページ | 古典を読め、らしい »